野球用語「肉体的援助」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「肉体的援助」とは?

肉体的援助とは、野球における反則行為のひとつで「走者が離塁・進塁・帰塁する際、三塁や一塁のベースコーチから肉体的に援助をうける反則行為」という意味です。

肉体的援助は、あまり聞きなれない野球用語のため、一瞬ドキッとする人も少なくありません。しかし、日本の公認野球規則にうたわれている走者の反則行為のことを言います。

例えば、走者が三塁を回って本塁に進塁をしようとした時、三塁ベースコーチが走者に進塁させないように、手を引っ張ったり、体で止めたりすると、審判は肉体的援助とみなして走者を守備妨害としてアウトにし、ボールデッドとしてゲームを止めます。

ホームランのハイタッチは「肉体的援助」?!

ホームランの場合、ホームランが宣告された時点でボールデッドになっているため、ベースコーチとのハイタッチは肉体的援助にあたりません。

ただしアマチュア野球では、ベースコーチとのハイタッチは禁止されているケースがほとんどですので、疑義を生じさせる行為は控えたほうが良いでしょう。

「肉体的援助」の使い方・例文

肉体的援助の例文・用例を紹介します。

〇肉体的援助はアウト
〇彼が肉体的援助をしたという事実はありません。

「肉体的援助」の具体的な使われ方は?

「肉体的援助」の類義語

肉体的援助の類義語はありません。

「肉体的援助」に関する練習法

肉体的援助の対象外“本塁打”。元メジャーリーガー・田口壮から、パンチを効かせてフェンスオーバーのホームランを打つ秘訣を聞くことができました。小さな体格でもある方法を使って飛距離を伸ばすことができるのですが…

「肉体的援助」まとめ

肉体的援助の意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「肉体的援助」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

お父さんのための野球教室最新動画はこちら↓

 

関連記事一覧