野球用語「インサイドワーク」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「インサイドワーク」とは?

インサイドワークとは、「頭脳プレー」という意味です。インサイドは和製英語ですが「inside work」と書きます。

インサイドワークは、「内側」を意味する「インサイド(inside)」と、「仕事、作業、研究」を意味する「ワーク(work)」が組み合わさってできた言葉で、「頭の内側で行う仕事」……つまり、「頭脳プレー」という意味になります。

野球においては、主に捕手に対して使われるため、「インサイド」を「内角」と解釈して、「インサイドを攻める配球」と考えている人もいますが間違いです。

野球、、、捕手におけるインサイドワーク(頭脳プレー)とは、「配球・リード」は言うまでもなく、「相手の作戦や考えていることを読む」「間合い、タイミングの取り方」「投手や野手の士気、モチベーション向上」など、様々な要素に対して頭をはたらかせることです。

インサイドワークのレベルを高めるために重要なことのひとつは、味方だけでなく相手チームを観察・洞察すること。何が起こっているのか?現実を正確に把握することで、適切な次の一手を打つことができるでしょう。

「インサイドワーク」の使い方・例文

インサイドワークの例文・用例を紹介します。

〇今日は捕手のインサイドワークが冴えていた!
〇彼はキャッチングは今一つだが、インサイドワークが良い

「インサイドワーク」の具体的な使われ方は?

「インサイドワーク」の類義語

インサイドワークの類義語はありません。

「インサイドワーク」に関する練習法

なぜ自宅でインサイドワークのレベルが上がるのか?リビングで出来るキャッチャー練習法「構え方・キャッチング・握り替え・送球・野球の見方」を公開!

「インサイドワーク」まとめ

インサイドワークの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「インサイドワーク」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧