野球用語「ソロ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ソロ」とは?

ソロとは、野球におけるホームランの呼び方のひとつで「得点が1点のホームラン」という意味です。英語では、「solo」と書きます。

ソロは、「ソロホームラン」を短縮した野球用語。イタリア語で「独奏、独唱、一人で行う」という意味を持つ「ソロ」と、「本塁打」の意味を持つ「ホームラン」が組み合わさった言葉、、、「一人のホームラン」、、、つまり、野球におけるソロとは「走者がいない時に放つホームラン」という意味です。

ホームランは、走者の人数に応じた呼び方があります。

走者がいない場合のホームラン:ソロホームラン(ソロ)
走者が一人いる場合のホームラン:ツーランホームラン(ツーラン)
走者が二人いる場合のホームラン:スリーランホームラン(スリーラン)
走者が三人いる場合のホームラン:満塁ホームラン(グランドスラム)

なぜ、走者がいない場合はイタリア語の「ソロ」なのでしょうか?なぜシングルヒットと呼ぶのに、シングルホームランとは呼ばないのでしょうか?

明確な答えは見つかりませんでしたが、一般的にツーラン、スリーラン、満塁ホームランは、2点(3点、4点)入るホームランという表現です。一方で、ソロホームランは「一人のホームラン」というように、ホームランを打つことにスポットを当てています。

そのことより、あえて“ソロ”ホームランと呼ぶ理由は、一人でホームランを打つことを称賛するニュアンスを含めて「ソロホームラン」と呼ばれるようになったのではないか、と言われています。

「ソロ」の使い方・例文

ソロの例文・用例を紹介します。

〇レフトスタンドに突き刺さる勝ち越しのソロホームラン!
〇今季第一号のソロホームラン

「ソロ」の具体的な使われ方は?

「ソロ」の類義語

ソロの類義語はありません。

「ソロ」に関する練習法

ご紹介する上達法はズバリ!「ホームランを打つコツ」。一体どうすれば外野の頭を超えるホームランを打てるようになるのか?元メジャーリーガーで、イチロー選手と共にオリックスの一時代を築いた田口壮さんが教えてくれます!

「ソロ」まとめ

ソロの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ソロ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧