野球用語「ボールを蹴るな」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ボールを蹴るな」とは?

ボールを蹴るなとは、「野球のボールを足で扱うな」という意味です。「ボールを蹴るな」は、足元に転がっているボールを蹴って移動させたり、転がってきたボールを足で止めたりする選手に対して「野球のボールを足で扱うな」という意味で使います。

真の野球人にとって、野球のボールを足で扱うことは、家の中に土足で上がり込むのと同じくらい、非常識な行為であり、足でご飯をたべるくらいあり得ない行為です。

そのため、真の野球人は足でボールを扱う行為を目の当たりにすると、「ボールを蹴るな」と強い口調で言いたくなります。

野球のルールにおいて、ボールを足で蹴ったり、止めたりしても問題ありません。しかし、野球のボールは足で蹴るために作られているものではありません。だから、足で、スパイクで扱われると、表面の消耗は早まってしまいます。

ボールを蹴ったからと言って野球が下手になるわけではありません。しかし、野球のプレーにおいてボールを蹴って行うプレーはありません。だから足でボールを扱えば扱うほど自分たちが不利になってピンチを招いてしまいます。

普段から足元に転がるボールを足で扱っていると、試合のとっさの場面で、腰がすばやく落ちないかもしれません。するとエラーの確率が高まります。

結果は積み重ね。足元に転がるボールを、丁寧に腰を降ろして捕っていけば、どれだけの捕球練習になるでしょう。野球の神様は、あなたの心の中にいるのかもしれません。

「ボールを蹴るな」の使い方・例文

ボールを蹴るなの例文・用例を紹介します。

〇監督に「ボールを蹴るな」と怒られた。
〇ボールを蹴るな、道具を大切に扱え。

「ボールを蹴るな」の具体的な使われ方は?

「ボールを蹴るな」の類義語

ボールを蹴るなの類義語はありません。

「ボールを蹴るな」に関する練習法

ボールを蹴るな、と怒られる選手の多くは「腰を低く落とすのが面倒だ」と思っているのですが、実は、腰を低く落とさなくてもボールは簡単に捕ることができます。

ご紹介する上達法は、守備の基本「構え方の勘違い」。一体どうやって簡単にボールをさばけるようになるのか?元メジャーリーガーで、イチロー選手と共にオリックスの一時代を築いた田口壮さんが教えてくれます!

「ボールを蹴るな」まとめ

ボールを蹴るなの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ボールを蹴るな」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

 

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

関連記事一覧