野球用語「コールドゲーム」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「コールドゲーム」とは?

コールドゲームとは、野球におけるルールのひとつで「ある事情により、審判が途中で試合を打ち切ること、またその試合」という意味です。

コールドゲームは和製英語っぽいですが、正規の英語です。英語では、「called game」と書きます。コールドゲームを「cold game(凍り付くゲーム)」と思っている人がたくさんいますが、そうではありません。

コールドゲームを宣告するかどうかの権限は審判にあるのですが、審判によって「試合続行は不可能」と「宣告された(called)ゲーム」という意味から、コールドゲーム(cold game)とよばれます。

「コールドゲーム」になるケースとは?

以下のケースの場合、審判がコールドゲームを宣言します。

点数に大差がついた場合

点数差によってコールドゲームになるケースがあります。大会などによって違いはありますが、試合が成立するイニング数と点数差が設定されていて、その条件に合致した時点で試合終了になります(例:5回10点差。7回7点差など)。

点数差によるコールドゲームが採用されているのはアマチュア野球で、プロ野球では点数差によるコールドゲームはありません。

天候(雨、雪、雷など)、日没によるコールドゲーム

天候の状況や(ナイター設備のないグラウンドでの)日没によって、審判員が試合続行ができないと判断した場合はコールドゲームが成立します。

天候・日没によるコールドゲームの場合の勝敗は、大会・試合の規定にしたがって決定します。一般的には5回を終了していれば試合成立とみなし、時点でリードしているチームが勝利となります。

「コールドゲーム」の使い方・例文

コールドゲームの例文・用例を紹介します。

〇降雨コールドゲームで試合終了
〇あと1点でコールドゲーム成立

「コールドゲーム」の具体的な使われ方は?

「コールドゲーム」の類義語

コールドゲームの類義語はありません。

「コールドゲーム」に関する練習法

圧倒的な打撃力で点数差をつけてコールドゲームで試合を制する。そんなバッティングの破壊力を、一体どうやって身に付けるのか?

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる打撃トレーニング「ハンマースイング」。このバッティングの飛距離を伸ばすのに有効な練習法で、コールドゲームを作り出してください!

「コールドゲーム」まとめ

コールドゲームの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「コールドゲーム」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧