野球用語「シルバースラッガー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「シルバースラッガー」とは?

シルバースラッガーとは、MLBにおける表彰のひとつで「各ポジションにおいて、その年で最も打撃に優れた選手が選出される賞」のことです。英語では、「The Silver Slugger Awards」と書きます。

シルバースラッガーは、正式には「シルバースラッガー賞」とよばれるMLB(メジャーリーグ)独自の賞です。ベストナインの打撃部門にあたる賞、と考えるとわかりやすいと思います。

投手も含めて各ポジション9名に、シーズンのバッティングの成績が最も優秀だった選手に与えられます。ナショナルリーグとアメリカンリーグで選出されるので合計18名。各チームの監督とコーチの投票によって選出されます。

DH(指名打者)制度を採用するアメリカンリーグではDH部門から選出。外野手は、ポジションに関係なく3名が選出されています。

「シルバースラッガー」の由来は?

1980年、Hillerich & Bradsby Company(ヒラリッチ&ブラズビー社)が始めた賞。同社はバットメーカーで、運営するブランド「ルイビル・スラッガー」は超有名。MLBでは非常に高いシェアを誇ります。シルバースラッガーは、このブランド名から由来しているというわけです。

「シルバースラッガー」を獲得した日本人選手は?

2018年には、大谷翔平選手(エンゼルス)が、DH部門で候補に挙がっていましたが、JD・マルティネス選手(レッドソックス)が獲得。また、2019年には、投手部門で前田健太投手(当時・ドジャース)も好成績を記録しましたが、残念ながらシルバースラッガーの獲得には至りませんでした。

「シルバースラッガー」の使い方・例文

シルバースラッガーの例文・用例を紹介します。

〇シルバースラッガー賞を7回受賞しているトラウト
〇4年で3度のシルバースラッガー賞に輝いたクリスチャン・イェリッチ

「シルバースラッガー」の具体的な使われ方は?

「シルバースラッガー」の類義語

シルバースラッガーの類義語はありません。

「シルバースラッガー」に関する練習法

メジャーリーグで何度も劇的なホームランやヒットを放ってきた田口壮。一体どうやって豪腕投手や変則投手の球をとらえていたのか?その秘訣は、、、スイング軌道。正しい軌道にバットを乗せてあげるだけで、結果は全く違うものになります。このノウハウが、あなたをチームのシルバースラッガーに押し上げてくれるでしょう。

「シルバースラッガー」まとめ

シルバースラッガーの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「シルバースラッガー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

入部者全員にオリジナル木製バットプレゼント!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

今、お父さんのためのオンライン野球教室にお申込みいただくと5,000円相当のオリジナル木製バットが必ずもらえます!

バットは、3種類ご用意しています。

・75cm/480g平均(オレンジ×ブラック)
・78cm/550g平均(ブラック×白木)
・80cm/600g平均(ブラック×ブラック)

キャンペーン期間中にお申込みいただいた方に限り、ご希望のバットを1本プレゼントさせていただきます。 普段の練習で「芯でとらえて飛ばす感覚」を養うのに木製バットは最適です。 ぜひ、バッティング上達のツールとしてご活用ください。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧