野球用語「HQS」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「HQS」とは?

HQSとは、野球における投手を評価する指標のひとつで「先発投手が7イニング以上を投げて、自責点2以内に抑えた時に記録される」指標です。

HQSは、「High Quality Start」の略称。直訳すると「高品質な先発投手」。HQSは、「あの先発投手は良いピッチャーだな~」と何となく感じていたものを具体的に数値化した“良い先発投手の基準”だと考えて問題ありません。ただし、HQSには勝ち負けは関係なく、HQSを達成していても負け投手になることはあります。

もし、監督やコーチから「HQSを狙え!」と言われたら、先発して7回を投げなさい、そして自責点2点以内に抑えなさい、ということです。

HQSは、投手が先発した際、7投球回以上を投げて、かつ自責点2以内に抑えればHQSが1つ記録されます。

HQSに関連した指標に、「先発した試合数におけるHQSの獲得率を表したHQS%」があります。HQS%は「(HQS数/先発した試合数)×100」で算出できます。

ちなみに、HQSよりもワンランク下の評価指標に「QS(Quality Start)」があります。QSは、投手が先発した際、6投球回以上を投げて、かつ自責点3以内に抑えることでQSが1つ記録されます。

「HQS」の語源・由来とは?

HQSやQSは、先発投手の安定感をはかる指標としてメジャーリーグで1980年代から使われはじめ、現代では一般的な指標です。近年では日本のプロ野球、日本のメディアでもたびたび使われるようになっています。

「HQS」についてもっと詳しく

日本のプロ野球におけるQS率の上位は70%~80%です。2019シーズンにおいて、セ・リーグでは西勇輝投手(阪神)の73.08%、パ・リーグでは山本由伸投手(オリックス)の80%がトップとなっています。

「HQS」の使い方・例文

HQSの例文・用例を紹介します。

〇7回を投げて1失点、120球と見事なHQSピッチ!
〇先発した彼は7回2失点のHQSも負け投手に。

「HQS」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/19kina22/status/1152914820556922880

「HQS」の類義語

HQSの類義語は、「ハイクオリティスタート」「QS」です。

「HQS」に関する練習法

ご紹介する上達法は、「下半身を使う感覚を覚える方法」。サイドステップを使って、ピッチングの土台となる下半身を“使う”感覚を身に付けていきます。野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんがわかりやすく解説!

「HQS」まとめ

HQSの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「HQS」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧