【野球用語】「ナイター」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ナイター」とは?

ナイターとは、野球において「夜間に試合をすること」です。ナイター(nighter)は和製英語で、英語では、「night game(ナイトゲーム)」とよびます。ナイターとは逆に、昼間に試合を行うことを「デーゲーム」といいます。

ナイターは、夜の時間帯に開催される試合のことで、スタジアムやグラウンドに設置されている照明設備を稼働させて試合を行います。

「ナイター」の時間は?

日本のプロ野球のナイターの開始時間は、基本的に18時プレイボールです。ただし千葉ロッテマリーンズのホームグラウンドの際は、18時15分や18時30分に開始するナイターがあります。また、昭和時代のナイターは19時スタートの時期もありました。

ちなみにプロ野球で初めてナイターを行ったのは1948年8月17日。今の横浜スタジアムの場所にあった球場で、ジャイアンツと中日ドラゴンズとの試合だそうです。初のナイターを記念して、8月17日はプロ野球ナイター記念日になっています。

「ナイター」の使い方・例文

ナイターの例文・用例を紹介します。

〇最近は地上波でプロ野球の中継がないので、ナイターは見ていない。
〇ナイターで試合する時は、なぜかテンションが上がる。

「ナイター」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/ttttchiiii216/status/1163019316075175938

「ナイター」の類義語

ナイターの類義語は、「ナイトゲーム」です。

「ナイター」に関する練習法

ナイターの試合で外野手が一番気を付けないといけないこと、なんでしょう?それは、ボールを見失わないこと。そのために大切なことは、「ボールを見るのではなく、ボールも見ること」だと元・メジャーリーガーの田口さんは言います。一体どうやってボールを見失うことなく、後方の打球にさいたん距離で追いつくのか?そのシンプルな方法を公開!

「ナイター」まとめ

ナイターの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイター」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧