【野球用語】「ハーラーダービー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ハーラーダービー」とは?

ハーラーダービーとは、「野球のリーグ戦における投手の勝利数の競争」いう意味です。ハーラーと省略されてよばれることがあります。和製英語ですが、「hurler derby」と書きます。

ハーラーダービーは、「ハーラー」と「ダービー」が組み合わさった野球用語。それぞれには、以下のような意味があります。

〇ハーラー(hurler) : 投げる人
〇ダービー(derby) : (競馬の)競争

でも、なぜ「ピッチャー」ではなく「ハーラー」なのでしょうか?

「ハーラーダービー」の語源・由来は?

ハーラーダービー「ハーラー(hurler)」の語源は、アイルランドの球技「ハーリング」と言われています。「hurl(強く投げる) + er(人) = 投手」として、ハーラーが用いられるようになりました。

ダービーは、英国貴族であったダービー伯爵が始めた競馬のレース名が語源になっていて、野球だけでなく他の競技においても、ダービーは「競争」の代名詞として使われています。

「ハーラーダービー」の使い方・例文

ハーラーダービーの例文・用例を紹介します。

〇ついに、ハーラーダービートップに並んだぞ!
〇ハーラーダービー単独トップ

「ハーラーダービー」の具体的な使われ方は?

「ハーラーダービー」の類義語

ハーラーダービーの類義語は、「勝ち数争い」です。

「ハーラーダービー」に関する練習法

ご紹介する上達法は、伸びのあるボールを投げる練習法「ロールスロートレーニング」。腕、手首、指先へと順番に力を伝えることで、効率よくボールに力が加わります。ハーラーダービートップを狙う投手にとってボールを伸ばす技術は必須の能力。このトレーニングによりボールを伸ばす動きを自動的につかむことができます!

「ハーラーダービー」まとめ

ハーラーダービーの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ハーラーダービー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧