【野球用語】「ワンバン」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ワンバン」とは?

ワンバンとは、野球において「ボールが地面に一度当たってはずむ」ことを意味します。

ワンバンは、ワンバウンド(One Bound)が短縮した言葉。つまり、投げたボール、あるいは打ったボールが一度地面にバウンドする(はずむ)ことです。

もし、監督・コーチから「ワンバンで送球して構わないよ」と言われたら、「ワンバウンドさせて投げてもいいよ」と言われたと解釈して、問題ありません。

他のバウンドも「ワンバン」みたいな呼び方をするの?

ワンバン以外にも以下のような呼び方があります。

〇バウンド0回:ノーバン(ノーバウンド)
〇バウンド1回:ワンバン(ワンバウンド)
〇バウンド2回:ツーバン(ツーバウンド)
〇バウンド3回:スリーバン(スリーバウンド)

ノーバン以外は、ワンバンをはじめ「数字+バン」の形でよびます。ただし、フォーバン、ファイブバンはあまり言いません。バウンドの数が増えると、何回バウンドをしたのか数えることができなくなる、あるいは面倒くさくなる、、、ゴロとバウンドの区別がつかなくなるためです。

「ワンバン」のボールを打ってもいい?

投手が投げてワンバンした球を打って、たとえばホームランになった場合、ホームランは認められるのか?と疑問に思った瞬間はないですか?答えは「OK」。

ツーバン、スリーバンで打っても問題ありません。通常のプレイと何ら変わらず進められます。イチロー選手などが、現役時代にワンバウンドを打ってヒットにしています↓

「ワンバン」で投球がストライクゾーンを通過したらどうなる?

結論から言うと、判定はボールです。規則にストライクは、「打者が打たなかった投球のうち、ボールの一部分がストライクゾーンのどの部分でもインフライトの状態で通過したもの」とうたわれています。

インフライトとは「地面または守備側の野手以外のものにまだ触れていない状態」を指します。つまり、ワンバンは地面に触れているため、ボールと判定されます。

「ワンバン」の使い方・例文

ワンバンの例文・用例を紹介します。

〇2ストライクからワンバンになるフォークボールを空振り
〇焼肉は、一度、ご飯にワンバンさせて食べるのが最高

「ワンバン」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/BH_kanaru34/status/1254351513989705728

「ワンバン」の類義語

ワンバンの類義語は、「ワンバウンド」「ノーバン」です。

「ワンバン」に関する練習法

ご紹介する上達法は、球速アップに必要不可欠な「指の力」を鍛えるトレーニングです。これにより、ツーバンでしか届かなかった送球が、ワンバン、ノーバンへ進化するでしょう!野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれます!

「ワンバン」まとめ

ワンバンの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ワンバン」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧