【野球用語】「タイムリーヒット」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「タイムリーヒット」とは?

タイムリーヒットとは、野球におけるプレーのひとつで「塁上にいる走者をホームベースに生還させたヒット」という意味です。日本語・漢字では「適時打(てきじだ)」とよびます。

タイムリーヒット(timely hit)は、「タイミングの良い」という意味の「タイムリー」と、安打という意味の「ヒット」が組み合わさった野球用語。タイミングの良いヒット、、、つまり走者を帰して得点になるヒットのことをいいます。

「タイムリーヒット」をもっとくわしく

タイムリーヒットは和製英語。英語では「ここぞな場面」という意味の「クラッチ(clutch)」あるいは「clutch hit(クラッチヒット)」とよばれ、勝負強いバッターのことを「クラッチヒッター(clutch hitter)」と言います。他にも「RBI hit」とよばれることもあります。「RBI」とは「Run Batted In」を短縮して呼び方で、「打点」のことです。

タイムリーヒットは、塁上にいるランナーをホームベースまで生還させて、打点をあげるヒットのことですが、一般的に以下の場合には「タイムリー」とは言いません。

〇ホームランによって走者を生還させた場合
〇セーフティスクイズによって走者を生還させた場合
〇ゲッツ―崩れによって走者を生還させた場合

バントを除くヒットによって走者を生還させて打点をあげることに対して「タイムリーヒット」とよぶのが一般的です。

「タイムリーヒット」の使い方・例文

タイムリーヒットの例文・用例を紹介します。

〇5回に打ったタイムリーヒットが決勝点!
〇満塁で回ってきたらタイムリーヒットを狙う。

「タイムリーヒット」の具体的な使われ方は?

「タイムリーヒット」の類義語

タイムリーヒットの類義語は「適時打」「貴重なヒット」「タイムリー」「スクラッチヒット」「ナイスバッティング」などです。

「タイムリーヒット」に関する練習法

ご紹介する上達法は、「チャンスに強い打者になる秘訣」。一体どうやって緊張する場面でタイムリーヒットをガツンと放つのか?元メジャーリーガーで、イチロー選手と共にオリックスの一時代を築いた田口壮さんが教えてくれます!

「タイムリーヒット」まとめ

タイムリーヒットの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「タイムリーヒット」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!


お父さんのための野球教室LINE公式アカウント開始記念

お父さんのための野球教室公式LINEアカウントと友達になるだけでDVDが半額で手に入ります!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、お父さんのための野球教室で使えるクーポンをプレゼント! すべての野球DVD教材おひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧