【野球用語】「スリーバント」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

野球用語「スリーバント」の意味&使い方は?この記事ではスリーバント関連の“野球上達法”も紹介!実は、「スリーバント」には、こんなにも“深い意味”があったんです↓

「スリーバント」とは?

スリーバントとは、野球において攻撃の際のプレーのひとつで「打者がツーストライクからバントをすること」です。スリーバントは和製英語で、英語では、「bunt with two strikes」とよばれます。

「スリーバント」は、2ストライクから試みるバントのこと。「スリーストライク目になる可能性のあるとバント」です。なぜ、ワンバントやツーバントは言わないのに、「スリーバント」だけ特別に言われるのか?理由は「スリーバント失敗」にあります。

「スリーバント失敗」とは、ツーストライクからバントを試みてファウルボールになった場合、三振とみなしてバッターアウトになることです。

スリーバント失敗をアウトにする理由は、通常のヒッティングに比べてバットをボールに当てやすいバントを使えば、ファウルボールたくさん打って投手に球数をたくさん投げさせたり、試合の進行をさまたげたりすることができます。それらを防ぐためのルールが「スリーバント失敗」です。ちなみに「スリーバント失敗」というルール名はなく、便宜上の呼び方です。

スリーバントそのものに問題ありませんが、スリーバントをファウルボールにすると三振になるというリスクのあるプレーなので「スリーバント」と特別によばれています。

「スリーバント」は“振り逃げ”できるの?

スリーバントを空振りした場合、振り逃げはできますもちろん、振り逃げが出来る条件である場合(①一死で一塁に走者はいない場合 ②ツーアウトの場合)。完全に空振りでバットにボールが当たっていない場合です。その場合は単なる空振りなので、公認野球規則が定めるスリーバント失敗(ツーストライクからの球をバントでファウルボールにした場合)にはあたらないのです。

「スリーバント」の使い方・例文

スリーバントの例文・用例を紹介します。

〇スリーバント失敗で1アウトを献上
〇スリーバントのサインが出ると緊張する

「スリーバント」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/gowaksarno11/status/1261592644469133313

「スリーバント」の類義語

スリーバントの類義語は、「バント」です。

「スリーバント」に関する練習法

ご紹介する上達法は、球際に強くなるドリル。元読売ジャイアンツ・川口和久が教えてくれます。バントに必要な動きの基礎、ボールをつかむ感覚、ボールを見る力をきたえることができます!

「スリーバント」まとめ

スリーバントの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「スリーバント」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧