【野球用語】「ナイバッチ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ナイバッチ」の意味&使い方を解説。さらに、ナイバッチに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ナイバッチ」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ナイバッチ」とは?

ナイバッチとは、野球における掛け声のひとつで「素晴らしいバッティングだ!」「良いバッターだ!」という意味です。「ナイバッチ~」と語尾を伸ばしたり、「ナイバッチん」「ナイスバッチ」と言ったりする場合もあります。

「ナイバッチ」は、「ナイス」と「バッチ」が組み合わさった造語です。
〇ナイス(nice):素晴らしい
〇バッチ(batti):打者を意味する「バッター」または「バッティング」の俗称

つまり、監督・コーチ・チームメイト・観客などから、「ナイバッチ」と声を掛けられたら、「ナイスバッティング!」「ナイスバッター」という具合に褒めている、と解釈して問題ありません。「ナイバッチ」を使うタイミングは、たとえば以下のような状況のときです。

〇ヒットやホームランなどを打った場合
〇(守備に阻まれてヒットにはならなかった、あるいはファールだけれど)良い当たりの場合

などなど、「素晴らしいバッティング」をした際、その打者を褒める時に使うのが「ナイバッチ」です。また、試合の時だけではなく、バッティング練習などでも「ナイバッチ!」と声を掛けても全く問題ありません。むしろ打者の士気が上がる掛け声なので、積極的に使いたい掛け声です。

「ナイバッチ」の使い方・例文

ナイバッチの例文・用例を紹介します。

〇(打者の名前)ナイバッチ!
〇いいぞ!ナイバッチ!ナイバッチ!

「ナイバッチ」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/akkyaman3/status/771978413921869824

「ナイバッチ」の類義語

ナイバッチの類義語は、「ナイスバッティング」です。

「ナイバッチ」に関する練習法

ご紹介する上達法は、カクカクしがちなバッティングフォームを滑らかにして完璧なタイミングでボールを捉えるためのたったひとつのコツ。元メジャーリーガーで、イチロー選手と共にオリックスの一時代を築いた田口壮さんが教えてくれます!

「ナイバッチ」まとめ

ナイバッチの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイバッチ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧