【野球用語】「ナイショー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ナイショー」の意味&使い方を解説。さらに、ナイショーに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ナイショー」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ナイショー」とは?

ナイショーとは、野球における掛け声のひとつで「良いショートだ!」「素晴らしいショートだ!」という意味です。

「ナイショー」は、「ナイス」と「(守備ポジションの)ショート」が組み合わさった造語です。
〇ナイス(nice):素晴らしい
〇ショート(short):遊撃手

つまり、「ナイショー」は「内緒ぉ」と言って、あなたに何か隠しごとをしているわけでもなければ、相手の打者に「ナイスショット」と言っているわけでもありません。「ナイスショート!」と守備を褒めているのです。「ナイショー」を使うタイミングは、たとえば以下のような状況の時です。

〇ショートがセンター前に抜けそうな打球に追いついてアウトにした時
〇三遊間の深い位置から一塁に送球をしてアウトにした時
〇テキサスヒット(ポテンヒット)になりそうなフライに追いついてアウトにした時

などなど、ショートのプレーに対して褒める時に使うのが「ナイショー」です。もちろん「ナイショー」は、試合の時だけ使う野球用語ではありません。「ナイショー、次はセカンド、行くよ!」というように守備練習の時にも使います。

ナイショーと声を掛けることで、ショートを守る選手のリズム・テンポがよくなり、チームの士気も高まります。ナイショーは積極的に使いたい野球の掛け声といえるでしょう。

「ナイショー」の使い方・例文

ナイショーの例文・用例を紹介します。

〇いいぞ!ナイショー
〇ナイサード!ナイショー!次、セカンドいくぞ!

「ナイショー」の具体的な使われ方は?

「ナイショー」の類義語

ナイショーの類義語は、「ナイスショート」です。

「ナイショー」に関する練習法

内野のボテボテゴロを一体どのようにしてうまくさばけるようにするのか?船橋市立二宮中学校 野球部・長岡監督が教える、ゴロ捕球がうまくなる「3ステップ練習ドリル」。このドリルでナイスショーを連発させてください!

「ナイショー」まとめ

ナイショーの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイショー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧