【野球用語】「ナイボー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ナイボー」の意味&使い方を解説。さらに、ナイボーに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ナイボー」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ナイボー」とは?

ナイボーとは、野球における掛け声のひとつで「良い球だ」という意味です。

「ナイボー」は、「ナイス」と「ボール」が組み合わさった造語です。
〇ナイス(nice):素晴らしい
〇ボール(ball):球、送球、投球

つまり、ピッチャーの投球、あるいは捕手や野手の送球など、投じたボールが素晴らしいものである時に使う野球用語です。人によっては「ナイスボー」「ナイスボール」と言う人もいます。

「ナイボー」「ナイスボー」「ナイスボール」を使うタイミングは、以下のような状況の時です。
〇投手が良い投球をした場合
〇捕手や野手が良い送球で走者を刺した場合

「ナイボー」は、投げる頻度が多い投手に対して使うことが多いですが、捕手や野手の送球が素晴らしいものであった場合にも使います。もし監督、コーチ、チームメイト、観客から「ナイボー」と声を掛けられたら、「投げた球が素晴らしいね、と褒められている」と解釈して問題ありません。

「ナイボー」と声を掛けられて、嬉しくない選手はいません。良い投球、送球に対して、大きな声で「ナイボー」と声を掛けてあげることで、その選手のプレーにリズムが出て、チームの士気を高めます。

「ナイボー」の使い方・例文

ナイボーの例文・用例を紹介します。

〇今の球、ナイボーすぎ!
〇ナイスピー、ナイボー!

「ナイボー」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/HAWKSyuuki51/status/1241434563030573056

「ナイボー」の類義語

ナイボーの類義語は「ナイスボー」「ナイスボール」「ナイスピー」です。

「ナイボー」に関する練習法

ご紹介する上達法は、伸びのあるボールを投げる練習法「ロールスロートレーニング」。あるモノを使って、ナイボーを連発させる腕・手首の使い方をマスターします。

「ナイボー」まとめ

ナイボーの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイボー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧