野球用語「ナイケン」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ナイケン」の意味&使い方を解説。さらに、ナイケンに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ナイケン」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ナイケン」とは?

ナイケンとは、野球において投手にかける掛け声のひとつで「良い牽制球(けんせいきゅう)だ」という意味です。

「ナイケン」は造語で、「素晴らしい」という意味の「ナイス(nice)」と、「牽制(けんせい)」「牽制球(けんせいきゅう)」を組み合わせた言葉。つまり牽制を褒める時に使う野球用語です。人によっては「ナイスケン」と言う人もいます。

「ナイケン」と投手に声を掛けるタイミングは、以下のような状況の時です。
〇投手が投げた牽制球によって、走者がアウトになった場合
〇牽制でセーフであっても、そのタイミングがきわどかった場合
〇走者の逆をつく牽制球を投げた場合
〇打者とのタイミングが合わない場合に牽制球で間をとった場合

もし監督、コーチ、チームメイトから「ナイケン」と声を掛けられたら、「良い牽制(けんせい)だぞ、と褒められている」と解釈して問題ありません。また、「ナイケン」と言われた投手は、気分がよくなり、リズムにのってくる投手が多いです。投手が良い牽制球を投じた時には、大きな声で「ナイケン、ナイケン」と声を掛けて、投手やチームの士気を高めていくようにしましょう。

「ナイケン」の使い方・例文

ナイケンの例文・用例を紹介します。

〇ナイケン、ナイケン
〇よくやった、ナイケンだ!

「ナイケン」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/seiyakumr25/status/1244441583430189058

「ナイケン」の類義語

ナイケンの類義語は、「ナイス牽制」「ナイスケン」です。

「ナイケン」に関する練習法

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる走塁トレーニング「倒れこみ走」。一歩目を速くして、ナイケンでも次の塁を奪える走塁を手に入れます!

「ナイケン」まとめ

ナイケンの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイケン」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧