野球用語「IsoP」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「IsoP」の意味&使い方を解説。さらに、IsoPに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「IsoP」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「IsoP」とは?

IsoPとは、野球において打者を評価する指標のひとつで、「長打力を評価する指標のこと」です。読み方は「アイエスオーピー」。IsoPは略称で、正式には「Isolated power」と書きます。

Isolated power(IsoP)の「Isolated」は「隔離された」という意味で、「power」は「力」という意味です。つまり、打撃において「力=長打力」だけを抽出して評価するの指標がIsoP。IsoPは、以下の計算式で算出できます。

IsoP = 長打率-打率

長打率の計算式は、「長打率 = 塁打 ÷ 打数」。塁打は「単打=1、二塁打=2、三塁打=3、本塁打=4」で計算します。

IsoPの指標の優れている点は、シングルヒットが反映されないので、打者の長打力を純粋に評価できる点です。打率、長打率、IsoPを比較してみると、、、

〇10打数4安打。全て単打の場合、「打率.400」「長打率.400」「Isop.000」
〇10打数4安打。全て二塁打の場合、「打率.400」「長打率.800」「Isop.400」
〇10打数4安打。全て本塁打の場合、「打率.400」「長打率1.600」「Isop.1.200」

全て単打の場合に、長打率は.400に対して、Isopは.000と正確に長打を測ることができます。長打率では正確に長打力を測ることはできないので、一度Isopでご自身の結果を見直してみましょう。実は、思っていたよりも長打を打てる選手だった、ということがあるかも。

「IsoP」の使い方・例文

IsoPの例文・用例を紹介します。

〇Isopは打順を組む際に参考となる指標だ。
〇IsoP.200以上ほしいが最低でも.150以上を狙いたい

「IsoP」の具体的な使われ方は?

「IsoP」の類義語

IsoPの類義語はありません。

「IsoP」に関する練習法

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる打撃トレーニング「ハンマースイング」。このバッティングの飛距離を伸ばすのに有効な練習法でIsop値を向上させるのに役立ちます!

「IsoP」まとめ

IsoPの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「IsoP」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧