野球用語「ハタケヤマ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ハタケヤマ」の意味&使い方を解説。さらに、ハタケヤマに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ハタケヤマ」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ハタケヤマ」とは?

ハタケヤマとは、日本の野球用品メーカーです。英語では、「HATAKEYAMA」と書きます。

ハタケヤマは、もともと美津和タイガー株式会社の野球用品ブランド「TIGER」のグラブを製造。その後、自社オリジナルブランド「HATAKEYAMA」を立ち上げました。

現在では、グラブ・ミットのほか、バット、キャッチャーギア(捕手用プロテクターなど)、スパイク、手袋、打者用ガード、ウェア、バッグなど、幅広いカテゴリーにおいて商品を製造しています。

元プロ野球選手・清原和博さんは、Youtube片岡篤史チャンネルで、現役時代にハタケヤマのグラブ用クリームを使っていたことを告白。「そんな重たくならへんし」と評価しています。

ハタケヤマのグラブ・ミットは、「革が伸びにくくて長持ちする」とプロ野球選手から人気があります。2015年には、12球団開幕スタメン捕手のキャッチャーミット使用率は5年連続でハタケヤマがトップになるほどです。

現在、甲斐拓也選手(福岡ソフトバンクホークス)、伊藤光選手(横浜DeNAベイスターズ)、坂口 智隆選手(東京ヤクルトスワローズ)がハタケヤマのアドバイザリースタッフとなっています。

また、OBでは、真弓明信、川藤幸三、金本知憲、下柳剛、谷重選手らもハタケヤマ製グラブを使っています。また、美津和タイガー時代も合わせると、落合博満、掛布雅之らも愛用者です。

道具にこだわりの強いプロ野球選手から評価されているのがハタケヤマ製品の特長です。

「ハタケヤマ」の使い方・例文

ハタケヤマの例文・用例を紹介します。

〇ミット選びに困ったら、ハタケヤマを選んでおけば間違いない。
〇ハタケヤマのグラブ使うなんてツウですね。

「ハタケヤマ」の具体的な使われ方は?

「ハタケヤマ」の類義語

ハタケヤマの類義語はありません。

「ハタケヤマ」に関する練習法

ご紹介するのは、グラブの手入れ方法。ハタケヤマのグラブやミットを手に入れたら、長く使いたいものですが、最低限やっておかなければいけないグラブのお手入れ方法を解説。これにより、グラブの寿命とパフォーマンスを伸ばすことができます。

「ハタケヤマ」まとめ

ハタケヤマの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ハタケヤマ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧