野球用語「ウイニングショット」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ウイニングショット」の意味&使い方を解説。さらに、ウイニングショットに関係する“野球上達法”も紹介するのですが、実は、「ウイニングショット」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ウイニングショット」とは?

ウイニングショットとは、「勝利をきめるときの打球や投球」という意味で、野球においてはおもに投手の決め球、得意な球種をさします。和製英語ですが、「winning shot」と書きます。

ウイニングショットは、一般的に投手が打者から三振を奪ったり、打ち取ったりする際に使う、いわゆる「勝負球」や「決め球」のことを言います。しかし、直接アウトにするケースではなくても、ウイニングショットは、カウントを稼いだり、初球から投げる場合もあります。

ウイニングショットの球種は、ストレート、変化球、すべてが対象で、投手により異なります。また、ウイニングショットの球種はひとつである必要もあります。近年の投手の球種は多彩で、ウイニングショットもまた複数ある投手が増えています。

「ウイニングショット」の語源は?

勝利を意味する「ウィニング」と。射撃・打球など放たれるものを意味する「ショット」を組み合わせた和製英語。英語では「strikeout pitch」とよばれます。

「ウイニングショット」の使い方・例文

ウイニングショットの例文・用例を紹介します。

〇彼のウイニングショットはフォークボールだ。
〇ウイニングショットの精度を高める取り組みが必要だ。

「ウイニングショット」の具体的な使われ方は?

「ウイニングショット」の類義語

ウイニングショットの類義語は、飛球 ・ 決め球 ・ 投球などがあります。

「ウイニングショット」に関する練習法

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる「タオルドリル」。

体が開かないグラブ側の手の使い方をマスターして胸郭を回旋させることで、ビシバシ!っとウイニングショットを決めるピッチングフォームを作り上げます。

「ウイニングショット」まとめ

ウイニングショットの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ウイニングショット」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧