【お父さんのための野球教室】少年野球でバットを選ぶときのポイントとは?

道具選びって、難しい!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

前回のグラブに続いて、今回はバット選びについてお話ししますね。

グラブと同様に、バット選びも難しいですよね。

ジュニアのバット選びは・・・

  • 長さ
  • 重さ
  • バランス

の三つの兼ね合いですね。

重すぎたり長すぎたりすると、子どもの力では振れないのは誰でもわかります。

じゃ、軽くて、短いのが良い・・・

のかって言うと、そうでもないんですよ(笑)

実は、軽くて短いと、当たったとしても飛ばないんですよ!!

ボールの重さや球速に、押し戻されちゃうんですよね。

バッティングの醍醐味って、飛ばすことじゃないですか。

遠くに飛んでいくから、楽しいわけですよ。

ジュニアのバットの商品紹介に、「軽くて、操作性が高い」ってうたい文句があったりしますけど、そういうわけでもないんですよねぇ(笑)

重さで調整できないのなら??

重さで調節するのって、限界があるんですよね。

じゃ、どうするかって話なんですけど・・・

長さで調節するんですよ!!

例えば、同じ重さでも長さが違うとバットの印象は変わります。

バッティングは筋力だけではなくて、重力と遠心力を上手く道具に乗せることで、ボールにコンタクトしたり遠くに飛ばしたりします。
(詳しいことは文章では書くのが難しいので、またの機会に、笑)

話を戻すと・・・

同じ重さでも長さを変えることで、遠心力と重力が使えるようになるんですよね

小学3~4年生くらいが、一番難しいですよね。

ボクはこの時期の選手には、アルミの細長いバットを進めたりしますね。

昔ながらのアルミのバットは長さのわりに、軽くできているものが多いですよ。

アルミが薄くて、スカスカのやつです(笑)

あとは変り処としては・・・

ソフトボールのバットも面白いです。

まさに、細くて長いの典型の形ですからね。

力のない低学年でも、結構飛ばせたりしますよ。

もちろん試合では使えませんが(笑)

同じ重さでも感じ方が変わる??

そういう意味で、重量の「バランス」も大切です。

同じ重さでも・・・

金づちのようにヘッドに重みがあれば重く感じますし、グリップ寄りに重さが来ると軽く感じたりします。

高校野球の金属バットでは900g以上と規定があるので、このカラクリが使われたりしています。

なるべく重さを分散させて、軽く感じるようにつくったりするわけです。

でも、そういうバットは弾きが悪かったりするんですよね。

もちろん、トップバランスが飛ぶんですが、それを扱える振り方ができないと意味がありません。

自分の技量とバットのバランスというのも、ありますよね。

ちなみに打てる選手のバットは、

  • 細く
  • 長く
  • 重く

なっていきます。

プロのホームランバッターのバットが、まさにそうですね。

ゴルフのトッププロのドライバーも、その傾向があるというのを聞いたこともあります。

正確に遠くに飛ばすのは、共通の感性があると思いますよ。

複合バットが材質じゃない??

5年生以上だと、当たり前のように使われて「複合バット」

バカみたいに値段が高い!!

飛距離は、お金で買う時代なんて言われてますからね(笑)

でも、実際に飛びますよね。

もちろん、ちゃんと振れて「値段の高いところ」に当たればなんですけど。

先っぽとか根元にあたると、ボクは言うんですよ。

いくら良いバットでも、値段の高いところ(素材の違うところ)に当たらないと意味がないってね(笑)

一番感じるのは、「バットの重さ」ですね。

素材が厚めでズッシリとしているのもありますが、純粋に重量が違いますよね。

だから、当たると飛ぶんですよね。

20年以上前に実業団の軟式野球をやっていた方に聞いたんですが、やっぱり、当時も特注で重量のあるアルミのバットを使っていたそうです。

バッティングを指導するには、バット選びは物凄く大切です。

それは、お金をかけて高いバットを買うことではありません。

身体にあった重さと長さで、上達を助けてくれるものをみつけることです。

ぜひ縦振りにお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧