野球用語「センター返し」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「センター返し」とは?

センター返しとは、野球のバッティングにおける技術のひとつで「外野の中央に位置するセンターに向かってボールを打ち返す」という意味です。

センター返しは、「中央」または「(野球のポジションの)センターフィールド」を意味するセンターと、「打ち返す」ことを意味する「返す(し)」が組み合わさってできた野球用語。

もし、監督やコーチから「センター返しを意識して打ちなさい」と言われたら、センター方向にライナーを打つことを意識してタイミングを取ったり、バットを振ったりするようにしましょう。

なぜ「センター返し」はバッティングの基本なのか?

「センター返しはバッティングの基本」と言われ、バッティング指導でよく耳にする言葉ですが、なぜセンター返しはバッティングの基本なのでしょうか?

日本プロ野球史上唯一の三冠王を3回達成した落合博満氏は、センター返しについて、このように言います。「ノックを打つ時、必ず打つ方向を向いて打つ。つまり自然な打ち方がセンター返しなんだ」と。また、「フェアゾーンの中心線を狙って打ち返すのが一番ヒットの確率が高い」とも言っています。

「センター返し」の使い方・例文

センター返しの例文・用例を紹介します。

〇ミスを帳消しにする見事なセンター返しで逆転!
〇やられたらやり返す、センター返しだ!

「センター返し」の具体的な使われ方は?

「センター返し」の類義語

センター返しの類義語はありません。

「センター返し」の打ち方・練習法

「その打ち方で、センター返しは打てません!」センター返しを打つには、投手が投げたボールの軌跡とバットが直角にインパクトすることで、センター方向へ打球が飛ぶとイメージしている選手は多いが、実際はボールとバットのインパクトしてから離れるまでの時間があるため、ボールの軌跡とバットのインパクトの確度は、直角よりも大きな確度になるのです!

「センター返し」まとめ

センター返しの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「センター返し」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

お父さんのための野球教室最新動画はこちら↓

 

入部者全員にオリジナル木製バットプレゼント!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

今、お父さんのためのオンライン野球教室にお申込みいただくと5,000円相当のオリジナル木製バットが必ずもらえます!

バットは、3種類ご用意しています。

・75cm/480g平均(オレンジ×ブラック)
・78cm/550g平均(ブラック×白木)
・80cm/600g平均(ブラック×ブラック)

キャンペーン期間中にお申込みいただいた方に限り、ご希望のバットを1本プレゼントさせていただきます。 普段の練習で「芯でとらえて飛ばす感覚」を養うのに木製バットは最適です。 ぜひ、バッティング上達のツールとしてご活用ください。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧