menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【質問】小学校のチーム選びについて

こんにちは!
お父さんのための野球教室の桜井です。


下記のような
ご質問・ご相談をいただきました。


————-
■ご質問内容
————-

質問失礼致します。
いつもためになる情報や
DVDありがとうございます。

現在5歳の子供について相談ですが、
自分の息子ながら、ボールを投げたり、

打ったりするのが上手で将来的に
強豪チームで活躍して欲しいと
勝手ながらに思っています。

通う小学校には
ソフトボールチームしかないので、

私としては強豪リトルリーグか
近隣の小学校の強豪軟式チームに
入って欲しいのですが、

いかんせんまだ野球に興味を持ってませんし、
野球を嫌いになる可能性があると思い、
躊躇してしまってます…

まだ自分で決めれる年ではないので、
親のエゴで入れてしまっても良いのでしょうか?

また、リトルに入団した場合、
早生まれの息子は中1の夏まで
リトルリーグに所属するため、

軟式上がりの子と比べて半年以上
始まりが遅くなるため人間関係やチームで
活躍するのが遅くなるのではと不安があります。

正直なところ小学校のチーム選びは
どちらが良いでしょうか?

子供と相談してというのは
まだちょっと早そうです…笑。


————-
■回答
————-

メールありがとうございます。


またいつもメルマガを
ご覧いただきありがとうございます。


「どのチームに入れれば良いか?」
というのは、名前を付けるくらい親の責任は重大!

…と考えますが、はっきり言って、
どうなるかなんて誰にもわかりません。


だから、まず見学できる機会があるなら行ってみて、
親子で感じるフィーリングが私は大事だと思っています。


もちろん事前に、
どのような方針のチームなのか?とか、

どのようなチームメンバーなのか?とか、
後は、保護者の関係やメンバーなどなど、
情報は得る必要がありますが、

ここでやってみたい!と
トキメクかどうかを大切にして欲しいと思います。


そして、お子さんは、今ときめかなくても、
時が経つと、トキメクかもしれません。


なので、

「あの時、嫌って言ったじゃないか!」と言わず、
その時が来れば柔軟に対応してあげてください。


ここからまでは一般論ですが、
ここからは私の経験。


社会人野球で私とバッテリーを組んでいた
キャッチャーがいるのですが、

彼は10年以上社会人の
トップ選手として活躍しました。


そんな彼の息子は、今、小学6年生で、
ソフトボールをしています。


息子は野球がしたくて、
学校にも野球チームはあります。


でも、彼は息子にソフトボールをさせました。


その理由は、打撃力、遠投力が
ソフトボールによって身に付くと考えたからです。


もちろん、彼も息子には
野球をして欲しいと思っています。


でも、トップ選手として活躍してきた彼は、
小学生の時期にやるべきことが
ソフトボールで培われると考えたんです。


もちろん、お子さんの人間関係を
(とけこめるだろうかと)心配される
気持ちもよくわかります。


でも、ソフトボールで得るものも大きく、
将来的に必要な力もたくさん養われていることも
忘れないでください!


未来は、誰にもわかりませんが、
今、目の前にある大切なものは見ることができます。


今、得ているものと、
これから得られるかもしれないものを、
よく考えてチーム選びをしてください。


どのチームを選ぶにしても、
そこでどれだけ努力したか、
精いっぱいやったか、

それが一番重要だと思います。


それが充実すれば、
どのチームに入っても、

きっと、ここを選んで良かった!
と思えるはずです!

関連記事

  1. 【質問】硬式のクラブチームに行くか、軟式の部活で野球をやるか悩ん…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る