スケートボードから感じたスポーツの本質は野球に繋がる

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

スポーツの本質って何なのでしょうか?

ライバル・敵関係なく、健闘を称えあってアドバイスしあう事じゃないでしょうか。

色々あったオリンピック!

始まる前からいろいろありました、東京オリンピック(笑)

とにかく言えることは、アスリートの方々は何も悪くないってことね。

かといって、オリンピック委員会や政治家の方々が悪いかというとそうも言えない。

何もかもが前例のない状況の中で、みんなが納得できるような判断をするのは難しいですからね。

でも、子どもに夢や希望を与えると言っておきながら・・・

スポーツ施設が利用中止になったり、子どもたちの大会が中止になるのはやるせない気持ちでしたけどね。

でも、トップアスリートたちのパフォーマンスが間近で見れて、気づかせてもらうことがたくさんありました。

選手のみなさん、関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

一番の衝撃は!?

やっぱり一番の衝撃は、「スケートボート」ですよね。

今まで見てきたオリンピック競技とは、全く種類の違うものでしたね。

相手と得点を競って順位が決まる競技ですけど・・・

相手と、戦っているように見えないわけですよ。

そう思った方は、僕だけじゃないかと思います。

演技の採点競技なので、

  • 体操
  • 新体操
  • フィギアスケート
  • アーティスティックスイミング

なんかと同じ部類なんですけど。

競技中やその合間の雰囲気が、全く違いますよね。

採点競技の選手は、ライバルの演技を敢えて見ないイメージがあるんですよね。

ライバルに良い得点を出されたときに、自分にプレッシャーがかかるのを避けるなんでしょうね。

ま、自分のやるべきことに集中するという意味では、わからないでもないんですよね。

スケートボートは全く違うんですよ。

相手の演技をちゃんと見ていますし、演技が終わった後には健闘をたたえ合うようにハグし合ったりしてました。

転倒してしまうとその時点で演技終了となるんですが、「ナイスチャレンジだったな!」と言わんばかりに、駆け寄っていくんですよね。

こういうのいいですよね。

お互いが良いものを出そうしている姿がとても印象的でした。

スポーツの本質!?

出場している年齢層が低いのもあるかもしれませんが、スケートボートがそういう文化なんでしょうね。

基本的に、指導者やコーチがいないというのも面白いですよね。

普段は、SNSや動画から情報を得て自らで技を習得したり、仲間同士で一緒に練習してお互いにアドバイスしあっているそうです。

こういうのが現代っぽいですね(笑)

でも・・・

これこそが、スポーツの本質だと思いますよ。

自分が好きで、楽しくてやっていることですからね。

もちろん、他の競技でもこういうところは一部の若いトップアスリートが、実践してきてくれているとは思います。

でも、小中高生の団体競技の選手はなかなかそうはいかないと思います。

チームに所属しないと競技をできないので、難しいですから。

そうなると、指導者や大人にやらされるものになりやすくなるわけですよ。

でも、最初にスポーツを始めたときって、コーチなんかいないわけですよ。

やりたいから、始めるわけじゃないですか。

そこの気持ちを忘れずにいれたら、生涯スポーツになると思うんですけどね。

ぜひ座間ひまわり野球俱楽部にお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

この記事を読んだ方へのおススメ記事はこちら👇 

チームとスクールで違う指導方針はどうすればいいのか

子どもが野球を楽しむために、周りの大人ができる事とは?

スクールとチームの違いとは!?

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

関連記事一覧