何かに悩んだら、まずは誰かに相談してみよう!!

一人では限界がある!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

スポーツや野球だけに関わらず仕事もそうですし、プライベートもそうですが・・・

思い悩んだり、壁にぶつかったりすることって多いじゃないですか。

そんな簡単に思い通りにいくことって、少ないわけですよ。

こんな能天気そうに見えるボクだって、頭を抱えることありますからね(笑)

自分で解決できるのがベストなんですけど、そればかりでも済まないことだってありますよね。

そうなると、誰かに相談してみようってなりますよね。

話の内容にもよりますけど、身近な友達や家族に聞いてみたりするのはよくあることですよね。

専門的なことであれば、その道のプロフェッショナルに聞いてみるのもアリだと思います。

ま、これだとお金が発生することもありますけどね。

他人に相談するメリットとは!?

自分の悩みを打ち明けるわけですから、誰でも良いというわけではないと思います。

やっぱり、信頼できる人に聞いてみることをするはずです。

相談する側としては、何か手立てはないかと思い悩むわけですからね。

なるべく悪い方向にはいきたくないと考えるのは、人間であればみんな同じだと思います。

だからこそ、いろいろな人の考えや意見を聞くことで選択肢を授けてもらうことを期待するわけですよね。

自分が思ってもみなかった考えに出逢えて、世界が開けるなんてこともありますからね。

じつはそんなことよりも・・・

自分の考えを言葉にして、他人に説明することが一番良いのかと思いますね。

意外と、これだけでスッキリしちゃうこともありますから(笑)

そして、相手と会話をすることで自分の頭の中を整理してもらっていることになるんですよね。

話を聞いてもらっているうちに悩みが解決したことって、みなさんも実際にありませんか??

ボクなんか、こうやってブログを書くこと自体が、悩みを解消することになっていたりしますから。

ブログのネタとしては、ほとんどが自分の体験に基づくものなので、イヤなことがあったときはそれをブログに書いたりしています(笑)

これで頭の中が整理されて、スッキリしちゃったりしています。

最後は自分で決める!?

ボクもいろいろ相談を受けますけど・・・

他人に決めてもらうわけではなくて、最終的には自分自身で決めることだよと本人にはいつも伝えます。

おそらくアナタが信頼して相談する人も、そう思っているはずです。

やっぱり自分で決めないと、「覚悟」が生まれませんよね。

  • 親に決められたから
  • あの人に言われたらから

とか。

これでは、自分に言い訳ができてしまいますからね。

それから・・・

相談するということは相手の時間を奪うわけで、そこに対する誠意ってあると思います。

別に金品の授受をするとかじゃなくてね(笑)

経過や結果というのは、やはり良いタイミングで報告すべきだと思います。

変な形での事後報告になってしまうと、相談した人の信頼を失うことにもなりかねません。

相談事って複数の人にする場合もありますし、他人のアドバイス以外の決断をすることだって大いにありますからね。

良いタイミングで知らせてもらえば、相談された側にしてみればなんとも思わないです。

「自分で決めたことなんだから、がんばりなね」って、話になりますよね。

こういうところに気を回せるかって、結構大切なことじゃないかと思っています。

こんなこと書いたら、ボクに相談しにくくなるかな(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

関連記事一覧