【少年野球】なんのために野球チームに入るのか!?

団体競技特有の問題!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

なんのために野球チームに入るのかというと・・・

野球をやるため!!って、当たり前のことですよね。

でもね、日本においてはこれが当たり前ではないことが多いです。

野球だけに限らず

  • サッカー
  • バスケットボール
  • バレーボール

などの団体競技は、多いかもしれません。

どういうことかというと・・・

試合に出してもらえないってことです。

これって、ものすごく重大な問題だと思うんですけどね。

あまり重要視されていないのが、日本のスポーツ界の闇とも言えるかもしれませんね。

なぜ試合に出れないのか!?

団体競技だと、レギュラーと補欠という括りで、

  • 試合に出る選手
  • 試合に出ない選手

が出てきてしまうんですよ。

ほとんどの大会が、トーナメント方式で負けられないというのもよく言われることですが、勝てない万年一回戦チームでも同じことをやっていますからね(笑)

仕組みというよりは、そこに関わる指導者や大人の問題なんですよね。

試合の出場機会もそうですが、ヘタすると練習の機会だって不平等だったりするんですよ。

まず所属選手の多いチームは、その傾向が強いですよ。

指導者の数、グランドの有無や広さにもよりますけどね。

それはムリだろうっていうやり方が、まかり通ってますから(笑)

保護者も不満が言えないような関係性を、指導者が作っているんでしょうね。

こんな高校もある!?

ボクが知っている限りで、今までに仕組みでチームを運営されている高校は1つだけあります。

甲子園にも常連的に出場していますし、名前を言えば誰もが知っているような学校です。

そのチームは、練習試合や紅白戦の出場機会というのが全員平等なんですよ。

そこでの成績をデータにして、順位をつけていく。

公式戦のメンバー選考を、これで決めるそうです。

全てが実力勝負で、全員にチャンスがあるわけですよ。

本当に素晴らしいチームだと思いますね。

私立高校だと1年生の時に活躍しても、そのまま居なくなる選手って結構いますよね。

いわゆる、「干される」ってやつですよね。

本当、指導者の傲慢でしかないです。

育てるなんてことはせずに、使い捨てですからね。

こういうチームを見極められる目を持てるかが、とても重要です。

小中学生は育成期間!?

上記の話は、高校生に限ってですね。

もちろん、高校野球の仕組みにもいろいろ問題や闇はあると思います。

でも、それぞれのチームがポリシーを持って臨めば、いろいろチーム運営ができると思います。

ボク自身も、甲子園という大きな舞台は好きですからね。

どうせやるなら個人としてもウマくなって欲しいと思いますし、チームとしても強くなって欲しいと思っています。

ですが・・・

小中学生は育成機関に当たるので、別の運営が好ましいかと。

そもそも、公式戦なんているのかなって思いますしね。

練習試合や気の合うチームで、リーグ戦をすればいいじゃないですか。

普段からいろいろなポジションの練習をしておいて、試合でも同じようにいろいろなポジションをやればいいんですよ。

1試合で出場できる人数は限られていきますから、チーム編成も複数にすれば問題も解決します。

やろうと思えば、いくらだってできるんですよ。

ウチはそこを目指しています!!!

ぜひ座間ひまわり野球俱楽部にお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧