【お父さんのための野球教室】少年野球の道具選び:グラブ編

道具選びって、難しい!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

道具選びって、難しいですよね。

ましてや、野球をやったことのない保護者の方なんかは特に。

何をどう揃えたら良いかなんて、わからないですよね。

意外と、チームでも丁寧に教えてくれたりしなかったりするし。

しかも・・・

スポーツショップの方でも、全然わかっていないで売っている人もいますからね。

いや、冗談抜きでいっぱいありますから、そういうお店も(笑)

こんなグラブはダメ!!

初めて買うグラブ選びで、一番やってしまうのが・・・

大きいものを選んでしまうことですね。

洋服や靴だと、「どうせ子供はすぐ大きくなるから」って、なりますからね(笑)

でも、グラブが大きすぎると、ウマくなるものもウマくなりません。

グラブというのは、親指と小指で開閉します。

大きいグラブだと、この指の力が伝わらず開閉しずらくなります。

手の大きさに合っていないと、困っちゃいますよね。

それに、グラブが大きくなると革も硬くできていたりします。

子供の握力じゃ、捕れるわけない(笑)

あとは、大きいということは重量も重くなります。

グラブは利き手じゃない方にはめますから、これだけで扱いにくくなりますよね。

それに、重さで手からグラブが外れそうになるので、余計な力を入れてしまうことにもなります。

どんなグラブを選べばいい??

では、どんなものを選べばいいんでしょうか??

答えは三つあります・・・

  • 小さい
  • 軟らかい
  • 軽い

の三拍子です(笑)

グラブが「小さい」と捕れないと思っている人がいますが、それは大きな間違いですね。

だって、一番自由が利くのは素手ですよね。

ということは、なるべく素手に近いものがいいわけです。

それに・・・

野球を始めたばっかりの子供が、速球を受けたり早い打球は取ったりしませんよね(笑)

ボールを捕るのが痛いというのも、まだまだ先の話です。

だったら、扱いやすいものが一番ですよ。

最近のジュニア用グラブは、本革を使わずに軽量化されていたり、軟らかくしてあるものもありますしね。

まずはいろいろ試してみよう!!

ボクは、息子が小学一年生と年中さんというのもありますし、いろいろなサイズのグラブを持っています。

自分自身が小さいグラブが好きで、一時期は小学生用のグラブを使っていたこともありますし(笑)

手の平が3分の2くらい入れば、全然使えますよ。

スクール生を買い替えるときには、その中から試してもらってサイズの目安を教えてあげるんですよ。

大きさの目安がわかれば、あとはデザインとか色とかは本人の好みでイイですからね。

あとは、値段の高いものである必要は全くありません。

ワゴンセールとかでも、よいものがたくさんありますから。

しかも、同じ商品・型番でも一つ一つ違うんですよ。

みたら、すぐわかります。

高くても、ダメなやつもありますしね。

この辺りは、プロレベルの目利きですね(笑)

スクール生と保護者の方と一緒に、お店に行ってあげたりもしますよ(笑)

こんなコーチ、なかなかいないでしょ。

でもね・・・

捕ることや投げることを教えるならば、道具のこともわかっていないとダメだと思います。

ぜひ縦振りにお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧