イップスを防ぐために知っておきたい2つのポイントとは?

イップスを防ぐための2つのポイント

こんにちは!

野球ソフトボール瞬達塾の川端です!

このブログの読者さんのまわりに、イップスで悩んでる選手いませんか?

多分みえると思うので、今日はイップスで悩んでる方と私とのLINEのやり取りををシェアさせて頂きます。

イップスで悩んでる方のお役に立ちたいので。

イップスに悩むAさんとのやり取り

下記のやり取りは、私がブログに「イップスは、自分がイップスだと認めた瞬間から始まる」ということを書いたあとに連絡を頂きました。

ブログには、こんなことを書きました。

  • イップスだと認めるってことは、イップスがセルフイメージになります。
  • イップスがセルフイメージになると、脳はイップスになるよう身体を動かします。

このブログを読んでくれたAさんは、

  • Aさん『イップスで悩んでます』
  • 私『つらいですよね?どんな時に投げるのがイヤですか?』
  • Aさん『プレッシャーのかかった状態で投げるときですね。外野からバックホームに無心で投げるときは割と投げれてます。なかなか、思うところに思いっきり投げれないので辛いです』
  • 私『プレッシャーがかかった場合は、投げれないということを具体的に教えてもらえませんか?例えば、どんな距離も投げられないとか、誰に対しても投げられないとかです』
  • Aさん『試合中、急いで投げるとき!センターから遠投のときは割と投げれますが、中継までは投げられないです。誰に対してとかは特にないですが、キャッチボール時は仲の良い連れとキャッチボールは気が楽、気心知れてない方だと投げづらいです』
  • 私『イップスになるときって条件つきだと思うんです。Aさんの言葉からわかることは、Aさんは、まじめです。いい加減な性格ならイップスにならないので。
  • Aさん『なるほど。確かにまじめだと思います。川端さんのブログにあったように自分がイップスと思い込んでるので、その意識を変えて行ったほうがいいんですよね?』
  • 私『そうです。誰でもエラーはします。エラーをする自分を受け入れてほしいんです。受け入れるには、自分を責めないこと。野球には、エラーはつきもの。エラーがあるのが野球。野球できてることを楽しんでほしいんです(^_^)』
  • Aさん『ありがとうございます。心が軽くなりました(^^)』

ミスした自分を受け入れること

どうでしたか?

あなたがイップスで悩んでるのでしたら、Aさんの気持ちに共感できたのではないですか?

イップスで悩んでる選手と何人も話してしましたが、どの選手も同じようなことを言ってました。

  • 近い距離が投げられない
  • 同級生には投げられるけど、怖い先輩に投げられない
  • キャッチボールはできるけど、ボール回しになると投げられない

こんな話を、聞いてきました。

LINEでのやり取りにあったように、イップスになる選手は性格が真面目な選手が多いですね。

ミスしても、『ま、いっか!』と軽く考えられず、

  • ちゃんと投げなきゃ
  • 迷惑がかかる

などと、考え込んでしまう選手が多いです。

あなたがイップスで悩んでるのでしたら、あなたもそうではありませんか?

そんなに自分を責めないでほしいんです。

ミスしない選手なんて、世界にひとりもいません!!

あなたが自分を責めれば責めるほど、うまく投げられなくなっちゃうから。

あなたは、必ず投げられるようになります!

投げられるようになるためには、ミスした自分を受け入れること。

自分のイヤな部分も、自分だと認めることをしてあげて。

禅の教えにあるように

  • 今のあなたでいいんだよ
  • 今の自分を認めること

から始めると、イップスは改善していくと私は考えてます。

まとめ

今日は、イップスについて聞いてもらいました。

イップスは、メンタルが原因だと私は考えてます。

技術が関係するという考えもありますが、そうだとすると小学生はイップスの選手ばかりになってしまうと思うんですよね。

  • ミスしても気にしないこと
  • ちゃんと投げるとこを見て投げること

このふたつを実践してもらえたら、イップスにはならないと私は考えてます。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが、抜群のコントロールになりますように!!

この記事を読まれた方へのおススメ記事はこちら👇

イップスを克服するために一番大切な考え方とは?

ペイロック博士が行ったイップスを未然に防ぐための実験とは?

イップスを治すために意識したいイメージの細分化

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

関連記事一覧