【少年野球】練習効率をアップさせる脳科学的方法とは?

こんにちは!

野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

ゴールデンウィークは、練習できましたか?

全く練習できなかった地域も、あると思います。

1日でも早く野球ソフトボールができる日が、来るように祈ってます!!

今日は、「練習効率をアップさせる脳科学的方法」をシェアします。

今から紹介する方法は、

  • 誰よりも早く上手くなりたい選手
  • 選手にドンドンうまくなってほしいと思ってる人

そう思ってる方の、お役に立てる上達法になります。

今からシェアする内容を実践すると

  • 自分史上最高スピードで上達できます
  • ドンドンうまくなるのでバ野球ソフトボールか楽しくなります

こんな嬉しいことが起こるので、最後までお読みください。

練習効率をアップさせる方法とは?

練習効率をアップさせるには、練習で行ったことを脳に1分でも早く記憶させることが重要です。

そのために、私たちは集中して練習しているんです。

練習って、脳に練習で実践したことを記憶するために行うもの。

ですから、今日はしっかり記憶する方法をシェアするんです。

しっかり記憶するために使える、脳の原理原則があります。

その原理原則は、「脳は最初と最後を覚えやすい」

これは、あなたも経験があると思います。

授業の最初と最後は覚えているけど、途中は全然覚えてない笑

本を読んでも最初と最後というのは印象に残ってるけど、途中はあまり覚えてない。

こんな経験したことありませんか?

この最初と最後を記憶しやすいという脳の原理原則をもとに、野球ソフトボールの練習に当てはめると、練習の最初と最後は記憶しやすいことになります。

その時期によって、重要な課題ってありますよね?

その重要な課題を、最初と最後に練習すればいいんです。

そうすると、重要な練習で行ったことを選手は覚えやすくなりますから。

全部覚えるにはどうすればいいのか?

「全部覚えてほしいです!」

そう思いますよね?笑

そういう場合は、どうしたらいいのか ?

練習メニューが、ABCDとあるとします。

ABCDの順番で練習すると、ADを記憶しやすくなる。

早く全部記憶してほしい場合は、ABCDという順番に練習した次の日はBADCの順番で練習することをオススメします!

まとめ

今日は、練習効率をアップさせる科学的方法をシェアしました。

その方法は、重要な練習を最初と最後に練習するということでした!

練習する順番によって、上達するしないが決まってきます。

どういう順番で練習を行えばいいのかを、色々試してみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように !!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧