【少年野球】「ミスしたらどうしよう」などの不安を解消する方法とは?

こんにちは!

野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

あなたの 教え子さんは

  • ミスしたらどうしよう?
  • 打てなかったらどうしよう?
  • ストライクが入らなかったらどうしよう?

と不安になってませんか?

試合期に入ると不安に対する質問が多くなるので、今日は 「不安を解消する方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  • 試合の時、不安で仕方ない選手
  • 選手の不安を取り除きたいと思っている指導者さん

のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • 不安に対する考え方が変わり、 今やるべきことに意識が向くようになります。
  • 選手の不安を取り除くことが出来ます

こんな嬉しいことがあるので最後までお読みください。

不安を取り除くには?

不安を取り除くには、不安について知ることが先決です。

どういう時に不安になるのか?

それは、「できると思ってる時に不安」になります。

「できると思ってるのに不安になるっておかしくないですか?」と、思うかもしれません。

例えば、小学生がダルビッシュ投手が本気で投げるボール10球を すべてヒットにしてくださいと言われたら、 できるかどうか不安になると思いますか?

全くできないので、不安にはなりません。

反対にダルビッシュ投手は、打たれるかもと不安になると思いますか?

全く不安にならないと思います。

つまり、

  • 100%できるもの
  • 100%できないもの

に対しては、人間は不安になりません。

  • 1%でも。できるんじゃないか
  • 1%でもできないのではないか

と思った場合のみ、不安になります。

ということは、不安と思っているということは、できると思っている心理の裏返しだということです。

不安のメリットとは?

99%の選手は、不安のデメリットにしか意識が向いていません。

だから、体が動かなくなるのです。

不安のメリットは、できると思っているということです。

この部分に意識が向くと、不安が出ても

  • 私はできるんだ
  • 俺はできると思ってるんだ

と思えるようになれば、体は動くようになってくれます。

選手には、 不安に思ったら私はできると思ってるんだと思考パターンを変えなさいねと、伝えてください。

まとめ

今日は、不安を解消する方法をシェアしました。

その方法は、不安になったら私はできるという思考パターンに変えるということでした。

試合では、メンタルが大きく大きく結果に影響を与えます。

メンタルが強い選手を、育成してくださいね!

応援してます!!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのメンタルが、強くなりますように!!

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

関連記事一覧