【少年野球】雨の金曜日の上手な時間の使い方とは?

お父さんのための野球教室の桜井です。

雨の金曜日。

たまには、こんな時間に使うといいね、という話。

「ちょっと待って」とボクは言う。

「まだか、まだか」と子どもが言う。

「待っててと言ったろ」と、イライラした経験があるのは決してボクだけではないはずで。。。

でも、5歳くらいの子どもにとって、10分は大人の体感で1時間に相当すると言われたりする。

だとすると、ぼくら、おとなのイライラもまた違ったものになるはずだ。

時間の感覚だけじゃないよ。

味覚もそう。

子どものそれは。おとなの3倍なんだそう。

だとすると、ピーマンが嫌いなことも納得できる。

ぼくらも以前は子どもだったけれど、おとなをしばらくやり過ぎて、それに毎日が忙し過ぎてすっかり忘れてしまうよね。

時間の感覚とか味覚とか、それ以外にもおとなに言われて嫌だったこと、悲しくなったこと、逆に、嬉しく思ったことも。

だから、こんな雨の金曜日は子どもの様子を眺めながら、子どもの頃はどうだったかな?って思い出してちょっと子どもに寄り添えたらいいね。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧