少年野球における指導者の役割とは!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

3つの大きな役割とは??

指導者って、野球を教えていればいいってわけではありません。

ま、教えているつもりになっている人はたくさんいるけど(笑)

むしろ指導者と称されるならば、野球を教えられるのは当たり前のことであって、それ以外のことでいろいろと手腕に差がつくわけですよ。

でね・・・

ボクが考える指導者の大きな役割は3つ!!!

  • 安全面の管理
  • 物理的な場や機会の提供
  • 子ども同士で解決できない問題への対応

ケガしちゃダメだからね!

まずは、スポーツをする上で、とにかく致命的なケガって避けなければいけません。

そりゃ、体を動かすわけですから、多少の痛いの痒いはあります。

大きなケガは、指導者の配慮によって多くは防ぐこともできるはずです。

この安全面の管理についてですが、

  • 事故対応
  • 故障対応

の2種類ありますね。

事故対応とは・・・

  • 送球・打球が当たってしまう
  • 選手同士が衝突してしまう

とか、突発的なケガです。

これって、練習環境によってかなり防ぐことができるんですよ。

  • 練習スペースの活用の仕方
  • 防球ネット設置
  • マーカー・ラインによる誘導
  • コーチの誘導

など。

いろいろな年代の、いろいろなチームの練習をみてきましたが、「これを毎日やって、よく死人が出ないな」って思うことは本当にたくさんあります。

本当に、冗談抜きでですよ(笑)

もっと安全について、いろいろ考えてください。

故障対応とは・・・

肩・肘・腰などの、慢性的なケガの対応ですね。

選手の起用や、技術指導にも関わるところですね。

  • どんな投げ方・打ち方をさせるのか
  • 試合でどういう起用をするのか

いろいろな意味で偏りが出てしまうから、それが故障となって選手の身体に現れてくるんですよ。

練習場所や出場機会は指導者がつくる!!

物理的な場や機会の提供というのは、大人にしかできないですよね。

「物理的な場」というのは

  • 練習場所
  • グランド
  • それに関わる道具類

などですね。

これは、大人が確保するものですよね。

  • お金
  • コネ

を最大限に利用して、子どもたちのために用意するわけです(笑)

この辺をどうウマくやるのかは、マネジメント能力ですよね。

「機会の提供」というのは、

  • 練習方法
  • 選手起用

ですね。

新しい技術を学ぶとか、複数のポジションにチャレンジさせてあげるのは、指導者の大切な役割だと思います。

もちろん、試合での起用の仕方もそうですよね。

守るポジションだって打順だって、いろいろやるからおもしろいわけじゃないですか。

そういう可能性を潰すのが、ダメな指導者なんですよね。

子どもなりに世界観がある!?

子ども同士で、解決できない問題への対応というのは・・・

ズバリ「人間関係」ですよね。

彼らも彼らなりに、世界観があるんですよ。

大人と同じで、人間関係で悩むことが多いわけです。

残念ながら、野球の技術で優劣がついちゃったりすることもありますよね。

こういうのって、子ども同士では解決できませんよね。

でも、ボクは思うのは・・・

  • みんなで野球を楽しくやりたい
  • みんなで野球でイイ想いしたい

本当にこれだけなんですよ。

だって、スポーツなんだから。

これを、指導者がはっきり打ち出すことなんですよね。

じゃ、そのためにどんなルールやモラルが必要なのって、話になるじゃないですか。

子どもの人間関係に大人が直接的に手を下すのではなく、そういう空気になるように仕向けてあげるべきだと思います。

この塩梅は、難しいんですけどね。

ぜひ座間ひまわり野球倶楽部にお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧