【少年野球指導の極意】「選手を瞬達させる指導の3ステップ」①

「選手を瞬達させる3ステップ」

こんにちは。

野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

この週末は、鳥取、岡山で教室でした。

岡山からの帰りの新幹線、ほぼ満席。

自由席は席が足りない状態だったんです。

関東方面はあまり新幹線に人は乗ってなくて、西日本は人が動いてるようですね。

今日は、「学童野球や少年野球の選手を瞬達させる3ステップ」をシェアしますね!

一度ではシェアしきりれないので今日から3日間にわけてシェアします。

今からシェアする3ステップは、指導する時の3ステップになります。

3ステップ通りに指導していけば、選手は瞬達するので最後までお読みください。

「ゴールを決める」

 

まず、具体的な3ステップをシェアします。

STEP 1 ゴールを決める

STEP2 スモールステップにする

STEP3 即時フィードバックを行う。

今日は、ステップ1の「ゴールを決める」についてシェアします!

ゴールを決めるとは、選手にどうなってほしいのかを決めることです

例えば、ボールを見ていない選手には、ボールをいつからいつまでどのように見てもらうのかを決めます 。

力んでしまっている選手に対しては、どのようにリラックスしてもらうのかを決めます。

コントロールが悪いピッチャーに対しては、イメージを変えたり、狙うとこを観てもらうと決めます。

以上のように、どうなってほしいのかをまずは決めます。

これをしないと次のステップ2スモールステップも決まりません。

ですから、これは行なっているとは思いますが 意識して行なってみてください。

次回はステップ2

次回は、スモールステップについてシェアしますね!

今日は、選手を瞬達させる指導のステップ1「ゴールを決める」について聞いてもらいました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように!!

 

この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

関連記事一覧