menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【上達の絶対条件】

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球ソフトボール瞬達塾の
川端健太です!

ここ2週続けて奈良に行けて、
とても気分がいいです。

奈良は両親の故郷なので
私の第二のふるさとなんですよ!

今日は、上達の絶対条件を
シェアしますね!

野球ソフト以外のスポーツでも
言えることなのですが、

指導書といえば、
フォームや練習方法を
紹介しているものばかりです。

フォームや練習方法って、
たっくさんあります。

なぜなら、【手段】だからです。

旅行に行くときの
交通手段と同じで、
たくさんあります。

だから、「どれがいいかなぁ?」
「どれにしたらいいかなぁ?」と
悩んでしまう。

あなたも悩んでませんか?

一般的な指導書を見ていると、
私は、

「なぜ、上達するための絶対条件を
説明しないんだろ?」

と思ってしまう。

一般的な指導書は、
フォームの紹介つまり
手段の紹介なので、

「新幹線より飛行機のがいいですよぉ」

「飛行機より船のがいいですよぉ」

と著者さんが主張してるように
私には思える(笑)

あなたは、

「これをしないと上達できません」

「これができないとうまくなれません」

ということが書いてある
指導書読んだことありますか?

私は読んだことありません。

さって!前振りが長くなりましたが
本題に入ります
(本当は、もっと長くなってたので
短くしました(笑))

上達の絶対条件は、
「集中」「イメージ」だと
私は考えてるんです。

集中しないとうまくなれませんよね?

イメージ(脳に記憶したもの)を
使わないとうまくなれませんよね?

だから、上達の絶対条件だと
私は考えてるんです。

このふたつは、誰でも知ってる
上達の絶対条件なのに、
なぜか指導書で説明されることが
少ない。

集中できていなくて、
うまくイメージできていなければ
確実に選手は伸び悩んでしまいます。

でも、集中とイメージについて
間違った知識を持ってる
指導者さんばかりです。

頑張って練習しても
伸び悩んでしまう選手は
後を絶たないでしょう。

指導者が悪いのかと言えば、
そうとは言い切れない。

その指導者さんも
教えてもらってないから。

集中とイメージについて
正しい知識が持てる
指導書が出ることを願ってます。

が、出ても売れないから
出ないかもしれません。

一般の方は、
フォームのことを
知りたいからです(笑)

上達の絶対条件に
興味がある方は、
このメルマガで紹介しますので
楽しみにしててくださいね!

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます!

あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達しますように!!

必要な動きだけを残す
引き算式バッティング論はこちら

https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 【保護者をファン化する】

  2. なぜ子どもは考えて野球をしないか?

  3. 結果を出している指導の共通点

  4. なぜスパイクを次々と買い替えるのか?

  5. 【プレーの結果をほめるのは危険です】

  6. お茶をすするヒマがない理由

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る