menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【プレーの結果をほめるのは危険です】

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球ソフトボール瞬達塾の
川端健太です!

今、長野県の諏訪市にある
諏訪大社にいて、
このメルマガを書いてます。

空気がとても良く
心と体を癒してくれるので
オススメですよ!

あなたは、
教え子さんやお子さんが
良いプレーしたときに

「ナイスプレー!」

とだけほめてませんか?

結果だけをほめるのは危険ですので
今すぐやめることをオススメします。

と言われると、どう思いましたか?

「ほめてるよぉ」

「なぜ、ダメなの?」

「えーーーーっ!」

などと驚いたのではないでしょうか?

私もこのことを聞いたとき、

「なんでぇーー!」

とビックリしました(笑)

なぜ、ダメなのか?

これは、ある心理学の実験で
わかったのですが、

テストの点数だけを誉めると
カンニングする子供が
増えたそうなんです。

これは、結果を出せば
親にほめてもらえる。

こういう気持ちが
起こしてしまったこと。

子供は、親にほめられるの
大好きですからね。

これは、野球では
カンニングはないので
結果が出ないと子供は
凄くストレスを感じてしまう
ことになるでしょう。

では、どうすればいいのか?

それは、その結果を出した
行動をほめることです。

たとえば、
こんな感じで話します。

「素振りを頑張ったから打てたんだね」

「投球練習を一生懸命やったから
良いピッチングできたね」

こう話せば、頑張るのは
「素振り」「投球練習」になります。

大事なことなので、
もう一度言いますね!

「結果を出した行動」を
ほめてください。

結果に結び付いてない行動は、
ほめないでくださいね。

そうしないと結果が
出ない努力を続けてしまう
選手になってしまうので。

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます!

あなたの
教え子さんやお子さんが、
結果を出せる行動を
続けられますように!

結果が出る練習方法教材は
こちら↓

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 【上達の絶対条件】

  2. なぜスパイクを次々と買い替えるのか?

  3. 結果を出している指導の共通点

  4. なぜ子どもは考えて野球をしないか?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る