menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

なぜ子どもは考えて野球をしないか?

こんにちは!
お父さんのための野球教室の桜井です。

タイトルを先に回収しておくと、
「子どもに反論させないから」だ。

「こらぁぁぁぁぁぁぁぁー
もっと考えてやらんかー」
って、怒鳴る人みかけません?

そんな監督・コーチを見ると
こう言ってやりたくなります。

「お前のせぃじゃねぇか」と

ほんと大人のせいなんですよ。
子どもが考えなくなるのは。

そもそも野球で優秀な選手は
監督の指示を素直に聞く選手でしょ?

監督からのサインに対して帽子
を触ったりするけれど、

それ、「了解しました!」
のサインでしょ?

「ムリです!」って
断るサインはないわけですよ。

「はい!わかりました」と
ちゃんと言うことを聞き、

さらにそれを忠実に再現する選手が
優秀な選手なわけです。

サッカーやバスケットは、戦術的
なプレーはあるものの、

試合が始まると選手の思考がプレー
に反映される。

でも、野球は一塁に走って、次は
二塁に走って、っていう感じの
決まった型の中でプレーをする、

さらに監督の指示に従ってプレー
するものだから、思考を止めやすい
スポーツなわけです。

それに、思考停止ってすごく楽。
考えるのってエネルギー奪われません?

思考を停止させたほうが優秀だし、
それに楽ときたら、
思考を止めない理由はない。

じゃあこのまま思考を止めたままでいい?
そんなわけない。

負けにつながる大きなミスの
ほとんどは思考停止のときに起こる。

全く間に合わないのに送球したり…
ベースががら空きになったり…
送球をスルーしたり…
フライなのに走ったり…
前進守備なのに一塁送球したり…

絶対に悔やみきれないエラーが
そこにはある。

じゃあどうするのか?
どうすれば思考をはたらかせる
ことができるのか?

簡単ですよ。

「反論できる環境」をつくればいい。

一方通行ではなく、
選手の意見をきちんと言わせる。

なぜ、そうなったか?
どうすれば、よくなるか?
子どもたちに言わせればいい。

でも、これがむずかしい。

なぜなら、日本の大人は
「反論」を「反抗」と考えるからだ。

大人「なぜ、考えねぇんだぁぁぁぁ」
子ども「だって…」
大人「だってじゃねぇんだよぉぉぉ」
で、終わらせる。

もっと反論に耳を傾けようじゃないか。
もっと反論を言わせようじゃないか。

「だって…」の後が重要なんだから。
そこに答えがあるんだから。

子どもの思考停止の原因は、
大人の思考停止なのですよ。

積極的になれる走塁技術は
こちら↓

 

http://rs39.net/c/bb/cbyk_1/bl/

 

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. なぜスパイクを次々と買い替えるのか?

  2. 結果を出している指導の共通点

  3. 【上達の絶対条件】

  4. 【プレーの結果をほめるのは危険です】

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る