野球用語「スミイチ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「スミイチ」とは?

スミイチとは、野球における試合状況を表す言葉のひとつで「1回表もしくは1回裏のどちらかに1点が入り、その後両チームに得点が入らず、1-0で試合が終了した試合」という意味です。

スミイチは、「隅(すみ)に1点」の略で「スミ1」「隅一」とも表記します。スミイチの定義は、1回の表裏のどちらかに1点が記録されて、そのまま1-0のスコアで終了した試合のこと。なので、例えばこのような場合はスミイチとはよびません。

●1回の表に1点が記録されて、その後の回に裏の攻撃チームが得点を記録した場合
●両チーム0点が続き、9回裏に1点が入ったサヨナラゲーム

つまり、「スミイチでは試合に勝てない」というのは、無得点のチームの人が言えば当たり前のことであり、一点を記録したチームの人は言うのはおかしい、ということに気づくはずです。

「スミイチ」の使い方・例文

スミイチの例文・用例を紹介します。

〇今日はスミイチの投手戦だった
〇投手陣はスミイチリレー

「スミイチ」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/alba_toratora/status/1111913465721978880

「スミイチ」の類義語

スミイチの類義語はありません。

「スミイチ」に関する練習法

スミイチで勝つのは投手としての醍醐味ではありますが…そのために必要な武器の一つが“速球”。そして速球を生み出す最後の発射台が指…指のしなり無くしてボールにスピードは生まれないでしょう。スミイチでもしっかり勝ち切るために必要なしなりを生んで速い球を投げる方法とは?

「スミイチ」まとめ

スミイチの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「スミイチ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧