野球用語「トミージョン手術」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「トミージョン手術」とは?

トミージョン手術とは、手術の術式のひとつで「肘の靱帯断裂に対して行う術式」のこと。正式には「側副靱帯再建術」とよばれます。英語では、「Tommy John Surgery」と書きます。

トミージョン手術の術式を考案したのは、米国のフランク・ジョーブ博士。実況パワフルプロ野球に登場するキャラクター“ダイジョーブ博士”のモデルになっている博士です。メジャーリーグの投手だったトミー・ジョンが初めて受けた手術であることから「トミージョン手術」とよばれるようになりました。

トミージョン手術は、損傷した肘の内側側副靭帯を切除して、体の他の部分(足、手、尻など)から正常な腱の一部を移植して肘を修復させる術式。

肘の内側側副靭帯の損傷は、ボールを投げる動作によって肘に負担がかかることが大きな原因になっているため、術後は復帰するまでに様々な制限がかかり、時間もかかります。

ただし、リハビリ技術が向上した現在では、トミージョン手術を受けた多くの野球選手が実戦に復帰できています。

「トミージョン手術」を受ければ球速が上がる?!

トミージョン手術をすると球速がアップするという説がありますが、手術により球速アップすることはないようです。トミージョン手術を3度受けた元ヤクルトスワローズの館山氏も球速アップを否定しています。

もちろん、ケガや手術をきっかけに投球フォームやトレーニングを見直すことで球速アップすることはあるでしょう。

「トミージョン手術」の使い方・例文

トミージョン手術の例文・用例を紹介します。

〇彼はトミージョン手術を受け、懸命にリハビリを続けています
〇トミージョン手術は、多くの野球のピッチャーを蘇らせた!

「トミージョン手術」の具体的な使われ方は?

「トミージョン手術」の類義語

トミージョン手術の類義語はありません。

「トミージョン手術」に関する練習法

元広島カープのエースで現監督の佐々岡真司が、チューブを使ってピッチングフォームを改善する方法を伝授。上半身と下半身を連動させてムリ・ムダ・ムラのない、合理的で安定した投球を実現させてください。

「トミージョン手術」まとめ

トミージョン手術の意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「トミージョン手術」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧