野球用語「テイクバック」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「テイクバック」とは?

テイクバックとは、野球の打撃や投球における動作のひとつで「反動をつけるために腕を後方に引く動作」のこと。英語では、「take back」と書きます。テークバックと表記する場合もありますが、この記事ではテイクバックに統一して説明します。

テイクバックは、「取る」という意味を持つ「テイク(take)」と、「後ろ・後方」の意味を持つ「バック(back)」が組み合わさった言葉で、後方に腕を引く動作を指します。野球だけでなく、ゴルフなどでも使われるスポーツ用語と言えるでしょう。

テイクバックは、野球において、「バットを振る動作」と「投げる動作」において使われます。

バットを振る動作においてのテイクバックは、バットを振る前に後ろ(捕手の方向)に向けてグリップを引いて、体とバットの距離を少し離す動作のことを指します。

投げる動作においてのテイクバックは、足を踏み出して腕を振り始める前に、後ろに向けてボールを持つ利き手を引く動作のことを指します。

「テイクバック」の目的は?

テイクバックの目的は、投げる動作における腕のスイング、バットを振る動作におけるバットスイングのスピードを速くすることです。

投げる際に、腕を速く振れば、それだけ速い球を投げることができたり、変化球の変化を大きくできたりします。バッティングの際にも、バットのスイングスピードが上がれば、打球が速くなり、遠くに飛ばせるようになります。

「テイクバック」の注意点は?

テイクバックを大きくすれば、腕を振るスピードやバットスイングのスピードが上がりますが、大きすぎるとフォームのバランスを崩したり、体に負担が大きくなったりまします。

また、確実性という観点では、フォームが大きくなるため、コントロールを乱したり、ミートの確率がダウンする可能性も高くなります。

テイクバックの大きさは、スピード・フォームの安定性・確実性とのバランスを考慮して調節する必要があります。

「テイクバック」の使い方・例文

テイクバックの例文・用例を紹介します。

〇彼のバッティングのフォームの特徴は、大きなテイクバックだ。
〇もう少しテイクバックを大きく取りなさい。

「テイクバック」の具体的な使われ方は?

「テイクバック」の類義語

テイクバックの類義語はありません。

「テイクバック」に関する練習法

自分にとって理想的なピッチングフォームを作るためのテイクバックの見つけ方がこちらです。現・広島東洋カープ監督・佐々岡真司さんが、チューブを使ったテイクバック上達法を解説するのですが、実は…

「テイクバック」まとめ

テイクバックの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「テイクバック」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧