野球用語「ミート」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ミート」とは?

ミートとは、野球におけるバッティング技術を表現する言葉のひとつで「ボールをバットの芯でとらえる」という意味です。

ミートは英語で、「meet」と書きます。「meet」の日本語の意味は「出会う」「要求を満たす」「適している」などがあり、バッティングにおいてバットの真芯でボールをとらえる技術や状態のことを意味します。

よく使用される野球用語に「ジャストミート(just meet)」がありますが、まさにドンピシャのタイミングでボールを芯でとらえた場合に使います。ちなみに「meat」は牛、豚、羊などの食用の肉を意味するので誤用しないように気を付けましょう。

監督やコーチから、「ミートが上手いね!」と言われたら、バットをボールに当てるのが上手だと称賛されていると考えて問題ありません。

また、監督やコーチから「ミート打法で打て」と指示されたら、「ボールを遠くに飛ばすのではなく、確実にボールをバットに当てることを優先する」「三振よりも凡打」を心掛けてスイングをしましょう。

「ミート」の語源・由来とは?

「出会う」を意味する「ミート(meet)」が語源で、バットとボールが出会うという意味からミートが使われるようになりました。

「ミート」の使い方・例文

ミートの例文・用例を紹介します。

〇ミートするも惜しくもピッチャーライナー!
〇ツーストライクに追い込まれてからはミートを意識してスイングしました

「ミート」の具体的な使われ方は?

「ミート」の類義語

ミートの類義語はありません。

「ミート」に関する練習法

ミート力と長打力は反比例するものだと思っていませんか?実は、この練習はスイングスピードとミート力を同時に引き上げるのに効果的なんですが…

「ミート」まとめ

ミートの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ミート」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧