野球用語「ボーク」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ボーク」とは?

ボークとは、野球における投手の反則行為です。英語では、「balk」と書きます。漢字では「疑投」と書きます。

「ボーク(balk)」は、もともと英語で「立ち止まる、躊躇(ちゅうちょ)する、妨害する、邪魔をする」などの意味があり、派生して、野球では「投手が打者・走者に対して、盗塁やヒットを打つことを妨害する行為を「ボーク」とよびます。

もしあなたが審判から「ボーク」と宣告されたら、何かしらの反則行為をしてしまった、と解釈して問題ありません。

「ボーク」になる代表的なケース

どんな反則行為をすると「ボーク」と宣告されるかは、野球規則で定められています。ボークになる投手の代表的な動作は以下のようなものがあります。

〇プレートに触れているのに、投球動作を途中でやめるとボーク
〇プレートに触れた投手が、一塁・三塁へけん制球を投げるマネだけをしたらボーク
〇セットポジションをする際、完全に静止せずに投球したらボーク
〇けん制をする際、その塁の方向へ踏み出さずけん制球を投げたらボーク
〇投手が打者に正対していないのに投球したらボーク
〇ボールを持たないでプレートに立つとボーク

…など、この他にもボークを宣告される投手の反則行為はあります。

「ボーク」を宣告されるとどうなるの?

ボークを宣告されるとペナルティが課せられます。ペナルティは、走者がいる時といない時とで内容が異なります。

〇走者がいる時:走者は安全に次の塁へ進める権利が一つ与えられる
〇走者がいない時:基本的に「ボール」になる。ただし、その球を打者がヒットにすると、ヒットが優先される。

「ボーク」の使い方・例文

ボークの例文・用例を紹介します。

〇えっ?今のがボーク?
〇ボークでサヨナラ押し出し

「ボーク」の具体的な使われ方は?

「ボーク」の類義語

ボークの類義語はありません。

「ボーク」に関する練習法

明らかなボークは経験で回避して、体がフラっとしてしまうボークは練習で回避します。ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる「ボールタッチトレーニング」。このピッチングフォームバランスを強化する練習法で、ボークとピンチを回避してください!

「ボーク」まとめ

ボークの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ボーク」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧