野球用語「ダッシュで部室」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ダッシュで部室」とは?

ダッシュで部室とは、中学・高校野球における野球部の日常のひとつで「ホームルーム終了後に急いで部室に向かう」という意味です。

「ダッシュで部室」は、「ダッシュで野球部の部室に向かう」という言葉を短縮した野球用語です。「ダッシュ」の意味は「勢いよく走る」という意味が転じて「急いで」という意味。つまり、ダッシュで部室は「急いで部室に向かう」という意味になります。

なぜ「ダッシュで部室」に向かうのか?

ダッシュで部室に向かう理由は、“準備”を練習が始まる時間までに行うためです。準備とは何か?チームによって、準備の内容は異なりますが、、、一般的には、グラウンド整備、バット・ヘルメットなどの道具出し、ボール磨き、バッティングマシンの設置、お茶づくりなどを準備します。

また準備を担当するのは下級生が中心となるチームが多く、ユニフォームに着替えて先輩よりも早くグラウンドに出て準備をするためにダッシュで部室に向かうわけです。

「ダッシュで部室」の使い方・例文

ダッシュで部室の例文・用例を紹介します。

〇野球部の彼がダッシュで部室に行く後ろ姿を見つめる
〇「おい1年、ダッシュで部室な」「うぃっす」

「ダッシュで部室」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/takezo_jp/status/1027675802786091008

「ダッシュで部室」の類義語

ダッシュで部室の類義語はありません。

「ダッシュで部室」に関する練習法

ダッシュで部室に行くときも、次の塁を狙うときも、重要な鍵を握るのは「最初の一歩」。一歩目が遅れると、先輩よりも部室に行くのが遅れたり、二塁で刺されたりしてしまいます。

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる「1歩目が速くなる練習法」。科学的見地にもとづいたトレーニングにより、誰よりも早く部室に到達するダッシュ力を身に付けることができます。

「ダッシュで部室」まとめ

ダッシュで部室の意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ダッシュで部室」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

入部者全員にオリジナル木製バットプレゼント!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

今、お父さんのためのオンライン野球教室にお申込みいただくと5,000円相当のオリジナル木製バットが必ずもらえます!

バットは、3種類ご用意しています。

・75cm/480g平均(オレンジ×ブラック)
・78cm/550g平均(ブラック×白木)
・80cm/600g平均(ブラック×ブラック)

キャンペーン期間中にお申込みいただいた方に限り、ご希望のバットを1本プレゼントさせていただきます。 普段の練習で「芯でとらえて飛ばす感覚」を養うのに木製バットは最適です。 ぜひ、バッティング上達のツールとしてご活用ください。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧