【野球用語】「ちわっ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ちわっ」とは?

ちわっとは、野球における挨拶のひとつで「こんにちは」という意味です。

「ちわっ」は、「こんにちは」を短縮した言葉です。ただし、野球部員の中で飛び交う「ちわっ」には大きく2通りの「ちわっ」があります。

ひとつは、監督・コーチ・先輩などに対して、元気よく大きな声で「こんにちは」と発音するが故に、「こんにちは」の「ちは」部分が強調されて「ちわっ!」と短縮されて聞こえる「ちわっ」。

もうひとつの「ちわっ」は、仲良くなった先輩などに親しみを込めて、故意に「こんにちは」を省略した「ちわっ」。

どちらも野球部員の中では一般的な「ちわっ」ですが、挨拶の仕方にうるさい先輩や野球部の挨拶の仕方に馴染みのない人の中には、「ちわっ」と挨拶をされて、「失礼な奴だな」と思う人がいるかもしれません。

ので、特に普段は親しくない人に対して挨拶する場合は、「こんにちは!」とはっきり大きな声で伝えるのがいいでしょう。

「ちわっ」の変化形は?

「ちわっ」の変化形には、「ちゃ」「ちわー」「ちわっす」「こんちは」「ちゃす」「こんちゃす」「ちっす」「こんちゃ」「ちゃーす」などがあります。

「ちわっ」の使い方・例文

ちわっの例文・用例を紹介します。

〇沢村さん、ちわっす!
〇後輩「ちわっ!」先輩「ういっす!」

「ちわっ」の具体的な使われ方は?

「ちわっ」の類義語

ちわっの類義語は「こんにちは」です。

「ちわっ」に関する練習法

「ちわっ!」と元気よく挨拶するのはいいですが、トイレで用を足す先輩に挨拶をして、「タイミングを考えろ!」と怒られた経験があります。挨拶はタイミングが大事ですよね。

そうそう、タイミングと言えば、、、元メジャーリーガー・田口壮さんのバッティングにおけるタイミングの取り方はもうご覧になりましたか?昔から言われている、1・2・3、あるいは1・2の3ってタイミングの取り方をしていると、スイングがスムーズにできなくなるのだそうです。

「ちわっ」まとめ

ちわっの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ちわっ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧