【野球用語】「バッキャ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

野球用語「バッキャ」の意味&使い方は?この記事ではバッキャ関連の“野球上達法”も紹介! 実は、「バッキャ」には、こんなにも“深い意味”があったんです↓

「バッキャ」とは?

バッキャとは、野球における役割のひとつで「バッティングキャッチャー」という意味です。

「バッキャ」は、「バッティングキャッチャー」を短縮した野球用語です。フリ-バッティング(打撃練習)をする際に、バッピ(バッティングピッチャー)の球をうける捕手のことを意味します。

「バッキャ」と類似した野球用語に、「ブルペン捕手」があります。「バッキャ」も「ブルペン捕手」もどちらもキャッチャーをするのは同じですが、役割は全く違います。

ブルペン捕手は、投手が気持ちよく投げられるようにキャッチング技術が必要です。また投手の状態を確認しなければいけないため、高いスキルや捕手経験を求められます。しかし、バッキャはブルペン捕手に比べると、高度なスキルは求められません。なぜならバッキャの役割は、、、

①フリーバッティングの時に、投げ手を投げやすくするための“的”②ストライクかボールかを判定することだからです。

打者がほとんどの球を打ち返し、キャッチングする機会が少ないため、ブルペン捕手ほど上手く捕れる必要はありません。だから、もしあなたにキャッチャー経験がないのに、監督・コーチ・チームメイトからバッキャを任されても、ブルペン捕手ほど高度な要求はされないので心配する必要はありません。

ちなみに、秋田弁における「ばっきゃ」は山菜のフキノトウのことを指します。間違いのないように注意しましょう。

「バッキャ」をする際の注意点は?

バッキャをする際に注意が必要なのは、ケガです。特にファウルチップが股間にあたることがよくあります。ファウルカップとよばれる股間のプロテクターを着用したり、キャッチャー椅子とよばれる専用の椅子を活用して股間を守るようにしましょう。

またバッキャは腰の負担が大きいため、負担を軽減できるキャッチャー椅子や、二―クッションとよばれるアイテムを積極的に活用しましょう。

「バッキャ」の使い方・例文

バッキャの例文・用例を紹介します。

〇バッキャでファウルチップを股間に当てる
〇バッティングが終わったらバッキャを代わってあげて

「バッキャ」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/dka161/status/575959573112098816

「バッキャ」の類義語

バッキャの類義語は「バッティングキャッチャー」です。

「バッキャ」に関する練習法

バッキャをやるとグラブやミットが汚れます。イチローさんはこう言いました。「野球の上達には、道具を大切にすることが近道」だと。グラブづくりのプロが教える“効率的なグラブの手入れ方法”とは?

「バッキャ」まとめ

バッキャの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「バッキャ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧