【野球用語】「バッチコイ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「バッチコイ」の意味&使い方を解説。さらに、バッチコイに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「バッチコイ」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「バッチコイ」とは?

バッチコイとは、野球における掛け声のひとつで「バッターよ、打って来い」という意味です。人によって、「バッチコーイ」と伸ばしたり、「バッチコイよ」と言ったりする場合があります。

バッチコイの「バッチ」は、打者の意味である「バッター」の変化形。「コイ」は「来い」。つまり、「バッター来い」を略した野球用語で、守備につく野手が、打者に向かってかける掛け声です。昭和の時代から、主に学童野球の選手の間でよく使われてきた掛け声です。

あなたが打席に立ったとき、相手チームの守備につく選手から「バッチコイ」と言われたら、「おいバッター、準備は出来ているぞ!いつでも打って来いよ!」と声を掛けられている、と解釈して問題ありません。

バッチコイは、「(打てるものなら)こっちに打って来いよ」と、打者を煽ったり、挑発したりするニュアンスが含まれます。よって、あなたが野手で守備についている時に「バッチコイ」と声を掛ける場合は注意が必要です。

「バッチコイ」の使い方・例文

バッチコイの例文・用例を紹介します。

〇よ〜しバッチコイ!
〇もうこうなったら何でも来い、バッチコイですよ。

「バッチコイ」の具体的な使われ方は?

「バッチコイ」の類義語

バッチコイの類義語は、「鬼さんこちら、手の鳴る方へ」「鬼さんこちら」「出て来いや」「かかって来いや」「アカンベー」「アッカンベエ」「アカンベエ」「アッカンベー」「よっしゃよっしゃ」「バッチコーイ」「バッチコイ」「お尻ペンペン」「かかって来いよ」「来いよ」です。

「バッチコイ」に関する練習法

内野のボテボテゴロを一体どのようにしてうまくさばけるようにするのか?船橋市立二宮中学校 野球部・長岡監督が教える、ゴロ捕球がうまくなる「3ステップ練習ドリル」です。このドリルに繰り返し取り組むことで、「バッチコイ!」と自信をもって言えるようになるかも。

「バッチコイ」まとめ

バッチコイの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「バッチコイ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧