【少年野球】指導に正解・不正解はないからこそ、答えをいくつか持つ必要がある!?

いろいろな選手がいるんだから・・・

指導者というのは、いろいろな選手に接します。

年齢も身体つきも違えば、育ってきた過程も違うわけです。

そんな中でのボクの指導ポリシーでもあるんですけど・・・

正解を1つだけ持つのではなくて、答えをいくつか持っている方がいい。

うん、ちょっとカッコイイじゃん(笑)

はい、マジメな話に戻します。

みんな同じになるっておかしいよね!?

「正解が1つだけ」ってなっちゃうと、みんな同じになっちゃいますよね。

こういう指導をする人が、世の中の9割くらいなんですけどね(笑)

自分の考えている形に、はめ込んでいくわけですよ。

  • 投げ方はこう
  • 捕り方はこう
  • 打ち方はこう

って、教えちゃうんですよ。

しかも、本当に1つしかなくて、ビックリするくらい広がりも何もない(笑)

「それぞれの子どもたちに合わせた指導」なんてよく耳にはしますけど、なかなか出逢えるものではありません。

いろいろな引出しがある中で、「一つの準備をしておきながら、合わなかったら次の手を持っておく」というのなら、まだわかるんですけどね。

ちなみに、ボクの「縦振り」という技術論は、この考え方なんですよ。

視点を増やし、視野を広げる!!

指導していると、いろいろな問題に出くわしますよね。

そう考えても、正解が1つでは困るわけですよ。

そこに当てはまらなければ、全部が不正解になっちゃうんですよ。

そんな、ムチャクチャな話はないでしょ(笑)

だからこそ・・・

視点を増やしたり視野を広げることで、「答え」をいくつか持てるようにするんですよ。

これが、勉強するとか変化していくってことなんだと思います。

ボクも指導者を仕事としてやってますから、変化にする必要性ってスゴく感じます。

というか・・・

「もっと良い方法ないかな」かなって、いつも考えています。

同じことばかり言っていると、周りに飽きられるからとかいうマイナス感情はないです(笑)

たぶん、いろいろと新しいことを考えていくのが、好きなんでしょうね。

でも今思うと、20代から30代前半の頃はそんなことは全然なかったですよ。

心の底から、新しいことは自分では考えられないと思っていましたから(笑)

ここは独立して自分で全てをやるようになってから、一番変わったところからもしれませんね。

時代の変化のスピード

時代の変化するスピードは、目まぐるしいですよね。

そこに関わる人たちの多様性も、ハンパないです。

25年くらい前の話だけど・・・

ボクが大学生の頃の就職活動って、紙ベースですからね。

教務課の壁に、求人情報が貼ってある時代です(笑)

今や、携帯電話で何もかも済んでしまうわけですから。

この先、20年後はどうなっているんでしょうかね??

縦振りは生き残っているのか??(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

関連記事一覧