「学童野球の試合で目にしたモノ」

「学童野球の試合で目にしたモノ」

お父さんのための野球教室の桜井です。

高校野球、春の選抜が中止になって、

選手を救済しようぜ!って声が
あちらこちらであがってる。

それ自体は良いこと。
もっと言え、もっと言えって
ニヤニヤしてる。

と同時に、

大人の身勝手な思惑で球児を引っ張りまわして、
SNSでイイね!をもらってハイ終わり、
にならないようにして欲しいと
本気で思ってるわけですが…

例えば、エキシビジョンな試合をさせたり、
イベントに参加させたり、見世物にして、
子どもだまし的なものは絶対に無しだぜ、って思う。

選手が一番やりたいのは真剣勝負。

大歓声の中で、できれば甲子園で。

選手の気持ちを第一に考えて
知恵を出して行動して欲しいなって思う。

で、選手の気持ちを考えて欲しいついでに、
もうひとつ、聞いて欲しいことがある。

先日、嫌な指導者を見てしまった。というか、聞いてしまった。
学童野球の紅白試合。監督が選手にこんなこと言ってるの。

「こんな小さいやつに打たれてどうすんだよ~」

ニヤニヤ

「こんな遅い球を打てないのかよ~」

ニヤニヤ

別に強い口調で言ってるわけじゃないよ。

怒っているわけでもない。ニヤニヤしてんの。
オレ、オモロイこと言ってるやろ、ドヤ~
めっちゃ嫌い。

こんな小さいやつはどう思うのか?

こんな遅い球を投げる子はどう思うのか?

うちの子が「小さいやつ」とか「こんな遅い球」とか言われたらたまんない。

クソがっ!と心の中で叫ぶだろう。

うちの子じゃなくてもクソがっ!と思ったけれど。
もっと頑張れよ!って選手を激励するのは良い。
だがしかしだ。

誰かをおとしめて誰かを持ち上げるとか、ないない。

それさあ合コンでやったら次の日から友達なくすからね。

他の誰かを傷つけちゃだめ。

で、質が悪いのは、言った本人は
傷つけるつもりはないわけ。

自覚がないの。
だから、またやっちゃう。
だからね、こうやって
気づいたときにシェアする。

もちろん、自分への戒めも込めてね

ウケ狙い、イイね狙いの大人の勝手な思惑で行動しちゃだめ。

選手の気持ちを第一に考えなきゃいけないの。

小さくても活躍できる練習法↓

詳しくはこちら

 

関連記事一覧